航空宇宙工学科:カリキュラム

学科ホームページ

学びのステップ

1年 大学生活になじみ工学を学ぶための基礎を築く
導入教育、および学習意欲の向上を目的とした科目を設け、問題解決のための基本的なスキルを学びます。また、基礎製図などの実技科目を通して、システム設計の基本を身につけます。

2年 要素技術や理論を習得する
航空宇宙分野においてもっとも重要な基礎4力学(工業力学、材料力学、熱力学、流体力学)を中心にした科目のほかに、フライトシミュレーターやグライダーの実機を用いた実践的な教育も行います。

3年 専門的な内容を習得する
より高度な専門科目と航空宇宙工学実験により、システム全体を見る能力や高い解析力を習得します。航空宇宙工学工房演習Vでは、研究室体験を通じて研究の基礎を身につけることができます。

4年 研究・開発能力を身につける
3年次までに学習したことを統合し、さらに未知の分野を解明していく研究を自ら行うことによって、新たな問題を見いだし、解決できる能力や方法を身につけます。

カリキュラム

拡大

共通科目配置表

拡大

PAGE TOP