航空宇宙工学科:学科概要

学科ホームページ

学科の特色

航空宇宙工学科では「つくって飛ばす」をテーマに、超小型人工衛星、人力飛行機、無人航空機、フライトシミュレーター、ジェットエンジン、ロケットエンジン、材料開発など、最先端技術を必要とするシステム開発や研究を行っています。また、創造性を有した学生を育成するために、工学の基礎学問を充実させるとともに、既存の学科にとらわれない新しい教育を行っています。とくに、航空宇宙分野では無駄のない設計が要求されるため、構造・制御・推進・流体の各分野についてバランスのとれたカリキュラム構成となっています。
航空宇宙工学科の教育・研究を通して科学の総合性と先駆性に対応した技術を身につけた卒業生は、航空宇宙分野だけでなく自動車・電子機器・精密機器などの製造業、運輸業、IT・通信業など、さまざまな分野で活躍しています。

科目PICKUP

宇宙機設計
日本大学で数kg級の超小型衛星を3機開発した際の様子を紹介しながら、超小型衛星のシステムやサブシステム構成、設計・開発・打ち上げ・運用の流れ、必要な設備・ソフトウエア・ハードウエアなど、開発から運用までの全体像について解説します。そして、設計に必要な理論について講義し、実際の開発に則した課題を解くことで理解を深めます。また、それらに合わせて、国内外における超小型衛星の最前線の開発状況についても紹介します。この授業を受講すれば、数kg級超小型衛星の実際の開発・運用に必要な知識を得ることができます。

めざそう!資格取得★は国家資格

  • エネルギー管理士 ★
  • 応用情報技術者 ★
  • 危険物取扱者(乙種・丙種)★
  • 技術士・技術士補 ★
  • 基本情報処理技術者 ★
  • 航空管制官 ★
  • 航空整備士(一等・二等)★
  • 航空特殊無線技術士 ★
  • 航空無線通信士 ★
  • 高度情報処理技術者 ★
  • 自家用操縦士(飛行機・回転翼航空機)★
  • 自家用操縦士(上級滑空機・滑空機)★
  • 陸上特殊無線技術士(第二級)★
  • CATIA認定スペシャリスト

進路の傾向2016年度

業種別就職状況(2016年度)
主な就職先一覧
金属製品製造業 LIXIL/東プレ
一般機械器具製造業 小松製作所/日立建機/加藤製作所/タダノ/クボタ/ミネベアミツミ/NTN
電気機械器具・電子部品等製造業 日本電気/東芝/三菱電機/東芝電波プロダクツ/デンソー/京セラ/富士通/富士通ゼネラル/ 日立オートモティブシステムズ/市光工業
輸送用機械器具製造業 三菱重工業/IHI/SUBARU/日本飛行機/ジャムコ/トヨタ自動車/本田技研工業/三菱自動車工業/マツダ/いすゞ自動車/日野自動車/ダイハツ工業/スズキ/ヤマハ発動機
精密機械器具製造業 東京計器/日本精機
情報サービス業 三菱スペース・ソフトウエア/朝日航洋/中央エンジニアリング/日立産業制御ソリューションズ/NECソリューションイノベータ/NECプラットフォームズ/明治安田システム・テクノロジー
運輸業 アイベックスエアラインズ/中日本航空/JALカーゴサービス/ANAエアポートサービス/日本通運/東海旅客鉄道/東日本旅客鉄道/北海道旅客鉄道/スカイマーク
その他の業種 IHIエアロスペース・エンジニアリング/日本電気航空宇宙システム/富士エアロスペーステクノロジー/ JALエンジニアリング/丸紅エアロスペース/東芝産業機器システム
公務 防衛装備庁/海上保安庁/東京消防庁/埼玉県/茨城県/静岡県/長野県/川崎市/南知多町

PAGE TOP