応用情報工学科:学科概要

学科ホームページ

学科の特色

応用情報工学科は、情報工学に特化した学科です。情報システムに必要なコンテンツを生み出す「情報処理」、マルチメディアをはじめとする情報を安全・確実に伝える「ネットワークシステム」、快適な生活を支える電化製品や各種デバイスを制御するソフトウエアを開発する「組込みシステム」の3つの分野の教育研究に取り組み、社会で活躍する技術者・研究者を育成しています。
授業では、C言語、Java、オブジェクト指向プログラミングなどの授業を含むソフトウエア工学、そして計算機工学、情報セキュリティの基礎から通信・ネットワークシステムやコンピューターグラフィックスのような応用分野までを学びます。さらに情報工学実験やプロジェクト実習など、より実践的な情報工学に関する教育も行うことで、幅広い情報工学の知識と実践力を身につけ、問題解決能力を兼ね備えた人間性豊かな人材を育成します。また、情報技術に関する国家試験や資格試験の支援、公務員や教員就職の推奨も行っています。

科目PICKUP

情報基礎演習Ⅱ
「IT技術を使って世の中にまだ存在しない賢い炊飯器を考えてみよう」
──教員のこの合図とともに、教室の中は受講生の声があふれかえります。情報基礎演習Ⅱはグループディスカッション形式でさまざまなシステムの企画を考える授業です。情報技術者の基礎となるユーザーの要求分析やシステムエンジニアリングの基本を習得します。また、ブラックジャックなどの簡単なゲームを題材にアルゴリズムの基礎を学び、それを実際にソフトウエアで実現します。ネットワークについても、自分たちで実際に接続をして、システム構築に必要となる基本的な技術とスキルを習得します。

めざそう!資格取得★は国家資格

  • 基本情報技術者 ★
  • 応用情報技術者 ★
  • ネットワークスペシャリスト ★
  • CCNA(Cisco Certified Network Associate)
  • エンベデッドシステムスペシャリスト ★
  • 組込みソフトウェア技術者
  • 弁理士 ★
  • 技術士 ★

PAGE TOP