大学院のススメ

大学院のススメ

大学院のススメ

皆さんが大学院進学を考える機会は大別すると次の2つでしょう。

一番多いのが、学部で勉強した内容をさらに深めるために学部卒業と同時に大学院進学を目指すというパターン、もう1つは学部を卒業して実社会で活動し、さらに自らの専門基礎学力を高めたいと考えて大学院を目指すパターンです。

日本大学大学院理工学研究科では、これらすべてが叶うシステムを早くから整えています。そこで下に示した多様な大学院ルート(入り口)が設けられました。企業や研究所に在籍したまま大学院教育を受けられる「社会人大学院制度」は他大学に先駆けて1984年からスタートさせ、都心のキャンパスという地理的な好条件もあって毎年着実に実績を伸ばしています。

大学院進学への道筋(概略)


大学院進学への道筋(概略)

※スケジュールなど、詳細は入試情報ページを参照ください。


大学院修了のメリット

日本大学大学院理工学研究科は16の専攻を有することから、工学・理学分野においてさまざまな分野の研究が可能です。また、近年は研究内容が多様化し、ひとつの専攻の研究分野にとどまらず、複数の専攻を横断した複合的な研究の事例もあり、さまざまな要望に幅広く対応しています。
さらに、理工系企業の人事採用選考では、専門的能力や技術の習得に優れた人材への要望が高まっているため、大学院修了者を確保する傾向が強くなってきています。また研究職という特殊な部門においては、高度な専門的知識や経験が必要とされるため、大学院レベルの人材を採用する比率が高い傾向があります。
自分の研究を「究めたい」「広げたい」人はもちろんですが、将来、理工系企業を希望する皆さんにもぜひ、日本大学大学院理工学研究科への進学をオススメします。


大学院修了のメリット

PAGE TOP