研究テーマ一覧

学科ホームページ

指導教授と研究テーマ ※ 研究者情報データベースを表示するには、名前をクリックして下さい。

出井 裕 教授/博士(工学) 材料工学 ①連続繊維強化複合材料の疲労破壊メカニズム、②ウィスカ強化チタン基複合材料の力学的特性評価、③セラミック--金属系傾斜機能材料の創製とその特性評価、④チタン合金のニアネット成形
内山 賢治 教授/博士(工学) 制御工学 非線形性の強い航空機・宇宙機に適した制御理論の構築やその検証を行っている。①無人航空機(UAV)のフォーメーションフライト、②QTW-UASの遷移飛行制御、③宇宙機のフォーメーションフライト、④SLAMを用いたマルチエージェントシステムによる惑星探査、⑤リアルタイム性を考慮した最適誘導制御、⑥不等式拘束条件下における最適解の導出
佐々 修一 教授/博士(工学) 航法/誘導/制御 環境にやさしく安全な航空機の開発に関連して、燃料消費が少ない飛行方式や、安全な飛行のための制御システムの検討を行う。理論的研究とシミュレーション、必要に応じて実験を行う。
田辺 光昭 教授/博士(工学) 燃焼工学/微小重力科学 燃焼振動のモデル化/炭化水素系燃料の自着火/微小重力場における熱対流の生成/高圧エンジン燃焼の研究
宮崎 康行 教授/博士(工学) 構造工学/多体動力学 大型宇宙構造物に関する静・動力学の理論構築から始まり、数値予測・実験室レベル実験、そして、超小型衛星を用いた構造概念の宇宙実証実験に至るまでを総合的に研究することを目標に、以下の研究を行っている。①柔軟多体動力学、②ゴッサマー宇宙構造物の展開動力学、③大型膜面宇宙構造物システム、④弾性体の幾何学的大変形問題、⑤その他、非線形構造力学の理論・数値解析・実験的研究
村松 旦典 教授/博士(工学) 熱流体力学 剪断流れ(熱移動や物質移動を伴う場合を含む)について、実験や数値計算により流体物理現象を明らかにし、流れを制御することを目的に、以下のような研究を行っている。①流れの不安定性と遷移過程、②流れの能動および受動制御、③流れ場の測定法や可視化手法の開発、④サイドジェットの形成要因と形成過程、⑤プラズマアクチュエータの特性とその応用。また,圧縮性流体力学のテーマとして,①音速近傍での物体周りの流れ、②高速水中突入現象などを扱っている。さらに、コロイドの流れの数値計算を行っている。
安部 明雄 准教授/博士(工学) 飛行力学/誘導・制御工学 航空機や次世代の宇宙輸送機の非線形動特性の解析と、飛行制御系の設計に取り組んでいる。今後さらなる飛行制御性能の向上には、ゼロダイナミクスの不安定化による内部不安定化・操舵面の可動域による制御入力の飽和・センサによる無駄時間要素の影響等に、積極的に制御系側が対処していかなければならない。また、非線形力学系の視点から、機体の動特性の解析を行い、制御系設計の指針の提供に併せて取り組む。
阿部 新助 准教授/博士(理学) 宇宙科学/天体観測 太陽系と地球生命の起源と進化を探求をするため、小惑星、彗星、流星、隕石といった太陽系で最も始原的な天体やそれに付随する塵を、①望遠鏡、カメラ、大型レーダーなどを用いた地上観測、②地球大気突入を模擬した人工流星実験、③小惑星探査機「はやぶさ2」などによる直接探査、④惑星摂動を考慮した軌道進化計算するなど、観測-実験-探査-理論の手法を駆使した、世界で第一線かつユニークな研究テーマに取り組んでいる。
大竹 智久 准教授/博士(工学) 流体工学/航空力学 境界層や剥離流れなどの流れ場が関わる流体工学的な問題について、風洞実験やCFDを用いた解析による現象解明と工学的な応用を目標に、以下のような研究を行っている。 ①低レイノルズ数での翼まわりの流れ場と空力特性、②プラズマアクチュエータによる剥離流れの制御、③層流剥離泡の形成に伴う境界層遷移、④風洞実験技法や流れ場の可視化技術、⑤小型無人飛行機の空力特性
高橋 賢一 准教授/博士(工学) 推進工学/混相熱流体工学 本質的に安全な宇宙輸送の実現を目指し、次世代のロケットとしてのハイブリッドロケットに関する研究を行っている。とくにエンジンとそれに利用する燃料の試作および燃焼実験を行っている。専門分野は、混相熱流体工学、ロケット推進工学となる。
中根 昌克 准教授/博士(工学) 最適化/循環系解析 航空宇宙工学分野一般を対象に、その最適化および最適設計、および循環システムなど複雑なシステムの解析・制御を数値的に研究している。現在、最適化に関しては、①スペースプレーンの最適設計および実現可能性の吟味、②電気推進機の放電室形状最適化を行っている。循環システムの解析・制御に関しては、③宇宙人工閉鎖生命維持系の物質循環制御、④微小生態系の物質循環解析を行っている。

PAGE TOP