建築学専攻の対象とする学問分野は極めて広く、人間生活に直接関係があり、社会とのつながりも密接です。本専攻は、多彩な教授陣を擁し、その研究テーマは技術・工学的研究、都市・社会学的研究から、造形・芸術分野、歴史・建築保存学分野にまで及んでいます。建築学のように人間社会とのつながりの深い分野は、大都市の中にあって研究することが望ましく、本専攻が都心の現在地にあること自体が大きな特徴といえます。
博士前期課程においては、学問の最先端と結びついた講義を受けるとともに、各教員の指導のもとで各自のテーマに沿って研究を実施し、論文をまとめます。ユニークな講義としては、総合的設計能力を養うため、ステューディオ形式で集中講義を行い、デザイン作業を通してプログラミング、デザイン、プレゼンテーションの過程を学習する「建築設計ワークショップ」や文化継承、建築再生、コンヴァーション、長寿命建築、歴史的都市資源、LCC、施設維持管理、環境保全などの建築デザインの新たな視点と可能性を学修する「サスティナブルデザイン特論」等が挙げられます。
博士後期課程は、さらに独創的な研究を深く進めるための研究者および高度な技術者育成を目指しています。実務経験があり、専業を持つ社会人を積極的に受け入れており、研究実績のある社会人学生の中には在籍期間を短縮して修了し、学位論文をまとめた例もあります。
本専攻の修了者は、研究・教育機関、大手建設会社、設計事務所、官公庁、その他のエンジニアリング企業等で幅広く活躍しています。


専攻イメージ

教育研究上の目的

前期課程 国際的な視野、公正な倫理観、豊かな創造性あるいは芸術性を備え、環境に調和した持続的都市・安全で美しく機能的な建築空間の構築に貢献できる、高度な専門的能力を有するプランナー・デザイナー及び技術者を養成する。
後期課程 国際的な視野、公正な倫理観を持ち、高度な専門的業務に従事するに必要な豊かな学識と自立して研究活動を行うことのできる能力を備え、環境に調和した持続的都市・安全で美しく機能的な建築空間の創造に貢献できる人材を養成する。
お問い合わせ先
TEL03-3259-0724
FAX03-3293-8253
WEB http://www.arch.cst.nihon-u.ac.jp

PAGE TOP