専攻イメージ

多様化し高度化する化学工業の先端技術を開発する研究能力と独創性を持つ、実力ある化学技術者や研究者の育成を目標としています。
大学院では学生は研究室に所属し、教授の個人指導を得て研究室のテーマに沿った高度な研究を行います。研究分野はナノテクノロジーからライフサイエンスまで多様な内容を取りそろえていますので、選択肢は大きいといえます。また、授業もそれぞれの分野に関連する科目が複数設置されていますので、高度で広範な知識を吸収することができます。
さらに、所属する研究室における特別演習によって専門分野における実力の涵養を目指すことが十分可能となっています。研究成果は国内外の学会や学術誌で発表され、科学技術の進展に大きく貢献しています。
大学院修了者は広く一流企業における研究者や技術者として、あるいは官公庁、大学などで活躍しており、就職率は常に100%近くを誇っています。
高度な学問の修得を目指す若人の入学を期待しています。

教育研究上の目的

前期課程 国際的視野に立ち、創造的な研究開発能力を発揮できる化学技術者を養成する。
後期課程 化学に関する独創的・国際的な研究開発能力ならびに時代の変化に対応できる豊かな学識と高い倫理観を有し、化学技術の進歩を推進するための自律的な行動力とコミュニケーション能力をもった指導者となりえる人材を養成する。
お問い合わせ先
TEL03-3259-0827
FAX03-3293-7572
E-mail shunin@chem.cst.nihon-u.ac.jp

PAGE TOP