機械工学をベースに
情報工学、電気・電子工学の融合により、
最先端知識を身につけた
創造型技術者を養成


専攻の特色

機械工学、情報工学、電気・電子工学の融合により、最先端メカトロニクス技術者を養成
機械工学、情報工学、電気・電子工学を融合した学びにより、機械工学のみでは成しえなかった最先端技術を身につけることができます。
最先端研究施設・設備を利用した高度な研究活動に従事
国内の大学では珍しい、クリーンルームを備えたマイクロ機能デバイス研究センターを利用し、最先端の超微細機械システムの研究を行うことができます。
分野横断型の学びや研究により、幅広い業界・業種への就職実績
機械工学、情報工学、電気・電子工学を融合した学び・研究を実践することによって、多くの学生が希望の業界・業種へ就職しています。


専攻イメージ

五円玉の穴に入るほど小さいマイクロロボット

教育研究上の目的

前期課程 機械工学に加えて電気・電子工学を基礎として、知的メカトロニクスやロボティクスに代表される自動化技術、微細加工、マイクロマシン(MEMS)、などの分野における高度な専門知識と研究能力を養う。また、広い視野に立った豊かな学識を有し、高度な専門性のある業務や新技術の展開に対応でき、人間性豊かな創造力のある技術者・研究者を養成する。
後期課程 機械工学に加えて電気・電子工学を基礎として、知的メカトロニクスやロボティクスに代表される自動化技術、微細加工、マイクロマシン(MEMS)、などの分野における高度な専門知識と研究能力を養う。また、広い視野に立った豊かな学識を有し、自立して研究活動を行い、かつ高度な専門性のある業務に従事できる人間性豊かな創造力のある技術者・研究者を養成する。
お問い合わせ先
TEL047-469-5238
FAX047-467-9504
E-mail info@eme.cst.nihon-u.ac.jp

PAGE TOP