研究テーマ一覧

学科ホームページ

指導教員と研究テーマ ※ 研究者情報データベースを表示するには、名前をクリックして下さい。

河野(平田) 典子 教授/理学博士、Ph.D 数論 ディオファントス問題の解明に役立つ数論的幾何学、数の幾何学、ディオファントス近似、超越数論、多変数関数論などの研究を行い、整数論における諸現象を探る。
志村 立矢 教授/理学博士 数学基礎論 専門は数理論理学。研究の中心は非古典論理の完全性で、様相概念や様相論理、直観主義論理を研究する上で最も基礎的な概念であり、どのような形で成立するかを調べている。
利根川 聡 教授/博士(数理科学) 解析学/偏微分方程式論 非線形の波動方程式、クライン・ゴルドン方程式、シュレーディンガー方程式の初期値問題・終値問題の可解性、解の爆発、時間大域解・爆発解の漸近挙動を明らかにする。
橋口 徳一 教授/理学博士 位相幾何学/力学系 力学系・葉層構造とそれに付随して現れる幾何構造や群、不変量などについての(微分)位相幾何学的研究
吉開 範章 教授/工学博士 ネットワーク基礎論 情報社会のアーキテクチャ研究と社会実装。現在のテーマは、「信頼」を中心に、IoT環境における評判システム、情報ガバナンス及び協調技術の研究を行っている。
善本 潔 教授/博士(理学) グラフ理論 構造的グラフ理論/ラムゼー理論/線グラフや稠密グラフのハミルトン問題
青柳 美輝 准教授/博士(数理学) 解析学を用いた学習理論の考察 学習係数と特異モデルの情報量基準について
笠川 良司 准教授/博士(理学) 位相幾何学 微分可能多様体の微分同相群やシンプレクティック構造など多様体上の構造を保つ微分同相群に、多様体の幾何学や解析学的な性質がどのように反映しているのかを調べる。
栗野 俊一 准教授/博士(理学) ソフトウエア工学 プログラムの効率的な実行のための新しいアルゴリズムの開発や、そのプログラムを効率良く実現するためツール開発を行う。
小紫 誠子 准教授/博士(理学) 計算流体力学 専門は非圧縮性流体の数値シミュレーション。種々の流体現象について、非圧縮性ナビエ・ストークス方程式を用いて数値解析を行う。
西川 貴雄 准教授/博士(数理科学) 確率論 確率微分方程式などにより記述されたマルコフ過程の大規模・長時間漸近挙動について研究を行っている。特に、相分離で現れる界面の数理モデルについて興味がある。
古津 博俊 准教授/理学博士 表現論 代数学の一分野である表現論の中でも特にLie代数や、超Lie代数の表現について研究する。とりわけ既約表現やユニタリ表現について研究する。
保谷 哲也 准教授/Ph.D 情報・計算機 人工知能・信号処理に関する研究。応用数学のみならず脳科学、認知・心理学・言語学的見地を含めた幅広い視点から人工ニューラルネットワーク・パターン認識問題を扱う。
安福 悠 准教授/博士(数理科学)、Ph.D 整数論/ディオファントス幾何/数論的力学系 「整数論は代数幾何学的性質により制御されている」という考えに基づき、方程式の有理数解や最大公約数を研究する。また、写像の多重合成の数論的性質について調べる。
水野 将司 准教授/博士(理学) 非線形解析学/偏微分方程式論/応用数学 非線形偏微分方程式、特に退化楕円型・放物型方程式の研究を行う。物理法則や変分理論などを用いた微分方程式の導出とその方程式の可解性、解の正則性を調べる。

PAGE TOP