20世紀に創造された微視的物質科学の基礎理論─量子力学─は、今や、ニュートン力学および電磁気学と並ぶ、科学技術の第三の柱となっており、量子力学に基礎を置く微視的科学技術は、21世紀を迎えて、科学技術の牽引車的役割を一段と強め、人間社会にますます深く浸透してきています。その応用範囲は、エレクトロニクスなどの理工学分野にとどまらず、情報科学、エネルギー科学、環境科学から、医学・生命科学、さらには社会科学の分野にまで広がっています。
理工学研究科量子理工学専攻は、量子力学のさらなる追究、また量子科学の理工学や他分野への新しい応用を主な目的として、1992年に独立専攻として開設されました。本専攻では、基礎から最先端に至る、時代の要請に応じた教育・研究が日夜行われており、研究テーマが学際的なこともあり、門戸は、物理・数学等の理学系学部・学科卒業生だけでなく、電子・電気・機械等の工学系学部・学科卒業生にも開かれています。
本専攻は、日本大学に学部を横断する学際的な研究所として設置された「日本大学量子科学研究所」と密接な連携を保っており、大学院生は、恵まれた研究環境のもとで、加速器・放射線科学、核融合・エネルギー科学、プラズマ科学、超伝導科学、物性工学、量子光学・量子情報、素粒子論、計算物理学等、量子科学にかかわる広い分野で研究を行うことができます。


専攻イメージ

教育研究上の目的

前期課程 現代物理学の根幹となっている量子力学に基づき、加速器科学・素粒子論・場の理論・物性科学・エネルギー科学・情報科学・生命科学などの量子科学を考究するとともに、その工学的・学際的領域への応用力を培う教育を行う。これら量子科学の根底的理解を通じて、従来の粋を越えた新しい科学技術に対応できる能力を養い、社会に貢献できる技術者及び研究者となる人材を養成する。
後期課程 現代物理学の根幹となっている量子力学に基づき、加速器科学・素粒子論・場の理論・物性科学・エネルギー科学・情報科学・生命科学などの量子科学を考究するとともに、その工学的・学際的領域に応用・展開する力を培う教育を行う。これら量子科学の根底的理解を通じて、従来の枠を越えた新しい科学技術を創造できる豊かな能力を養い、率先して社会に貢献できる技術者及び研究者を養成する。

PAGE TOP