選考方法

選考方法

博士前期課程・修士課程

一般入学試験(第1期・第2期)

筆記試験 外国語:英語(試験時間:60分)
専門科目:出題範囲は下記「専門科目の出題範囲」を参照してください。
(試験時間:120分)
口述試験 面接と試問

※英語能力テストによる比較考査について
出願時に英語能力テストのスコアの提出があった場合、そのスコアを本研究科が行う外国語試験(英語)の得点と比較し、より高得点の方を外国語試験の成績として扱います。
比較考査を希望するものは、次の点に留意してください。
①対象とする英語能力テストはTOEIC®及びTOIEC®-IPとします。
②有効となる成績は、入学試験日から起算し3か年以内に受験したもので、出願時にスコアの提出が可能なものとします。
③換算値は、本研究科の規定により算出します。
【注意】この制度は、本研究科が行う外国語試験(英語)を免除するものではありません。

一般入学試験(第3期)

課  題 下記「課題・口述試験内容一覧」を参照してください。
口述試験 面接と試問

社会人入学試験

口述試験 面接と試問(業績及び研究計画等について)

外国人留学生入学試験

筆記試験 専門科目(試験時間:120分)
口述試験 面接と試問

博士後期課程

一般入学試験

筆記試験 外国語:英語(試験時間:60分)
口述試験 面接と試問

社会人入学試験

口述試験 面接と試問(業績及び研究計画等について)

外国人留学生入学試験

口述試験 面接と試問

専門科目の出題範囲

土木工学

「応用力学」,「水理学」,「地盤力学」,「土木計画学」から出題。2科目を選択して解答する。

交通システム工学

  1. 「交通(交通工学,交通計画,道路工学)」,「地域・都市(都市計画,環境工学,空間情報)」,「力学・材料(構造力学,地盤工学,材料工学)」から出題。カッコ内は出題内容。
  2. 本専攻分野に関する小論文。

建築学

  1. 「建築構造学」,「建築材料及び施工」,「環境工学」,「防災,建築設備」,「建築計画」,「都市計画」,「建築歴史・意匠」,「法規」から ①専門に関する共通問題 ②構造系問題 ③環境系問題 ④計画系問題を出題。
    ①は必須、②③④から1つを選択して解答する。
  2. 各自の出身専門分野に関する小論文

海洋建築工学

海洋建築に関わる「構造工学(構造力学,材料力学,建築構法,材料)」,「計画学(建築計画,都市・地域計画,建築・海洋関連法規)」,「海洋工学(海洋流体力学,海洋資源・エネルギー開発,環境保全)」から出題。

まちづくり工学

「①まちづくり工学」に関する複合的な知識および時事」,「②力学(構造力学を中心とし,地盤力学・水理学を含む内容)」,「③景観・観光まちづくり学」,「④都市計画・建築計画」,「⑤都市,建築に関する法令・制度基礎」,「⑥福祉・健康まちづくり学」から出題。 ①は必須,②~⑥から3つを選択して解答する。

機械工学

「工業力学」,「材料力学」,「流れの力学」,「熱力学」,「機械工作」から出題。4科目を選択して解答する。

精密機械工学

「工業力学」,「材料力学」,「電気工学(電磁気学,交流理論)」,「電子回路」から出題。

航空宇宙工学

「工業力学・制御工学」,「材料力学・構造力学」,「流体力学・航空力学」,「熱力学・推進工学」から出題。

電気工学

「電磁気学」,「電気回路」から出題。

電子工学

「電磁気学」,「電気電子回路」から出題。

情報科学

「①数学(線形代数・微積分,ブール代数・グラフ理論)」,「②情報科学基礎(情報理論,オートマトン,データ構造,アルゴリズム)」,「③計算機工学(ハードウェア,ソフトウェア,OS)」から出題。
①は必須,②③から1つを選択して解答する。

物質応用化学

「無機化学」,「有機化学」,「物理化学」,「生命科学」から出題。

物理学

「物理数学」,「力学」,「電磁気学」,「量子力学」,「統計物理学」から出題。

数学

「微分積分学」,「線形代数学」から出題。
なお,面接時に「代数学」,「幾何学」,「関数論」,「微分方程式」,「計算機科学」のうち専門とする分野について口頭試問を行う。

不動産科学

  1. 「①不動産に関わる経営・維持・管理,経済及び法律」,「②都市・地域計画,環境及び防災計画」,「③建築及び土木計画」から出題。選択解答。
  2. 出身専門分野をふまえた不動産に関する小論文

量子理工学

「力学」,「電磁気学」,「量子力学」,「熱力学」,「電気・電子回路」,「数学(微分積分学,線形代数学,ベクトル解析)」から出題。4科目を選択して解答する。なお,面接時に卒業研究ないしは出身専門分野の研究について口頭試問を行う。

※不明な点は、末尾記載の各専攻にお問い合わせください。
(注)土木工学専攻・機械工学専攻・精密機械工学専攻・航空宇宙工学専攻・電子工学専攻及び物質応用化学専攻については電卓使用可。ただし,プログラム機能や通信機能(携帯電話・腕時計型端末を含む)を持った電卓は除く。

課題・口述試験内容

土木工学

筆記試験 時間120分
「応用力学」,「水理学」,「地盤力学」,「土木計画学」から出題。2科目を選択して解答する。

交通システム工学

事前課題(1、2を出願時に提出する)
1.研究計画書(指導予定教員の署名・押印のあるもの)
2.英文履歴書(学歴、職歴、賞罰、自己PRをA4サイズにまとめたもの。書式は任意)
口頭試問
卒業研究および大学院の研究計画についての口頭試問(15分程度)
卒業研究概要(2枚にまとめたもの)を試験当日持参すること。

建築学

筆記試験 時間90分
建築学全般から出題(記述式)
プレゼンテーションと口頭試問 時間15分
卒業研究(論文・作品等)についてのプレゼンテーションと口頭試問。
これに関連した成果物は試験当日必ず持参すること。

海洋建築工学

筆記試験 時間120分
海洋建築に関わる「構造工学(構造力学,材料力学,建築構法,材料)」,「計画学(建築計画,都市・地域計画,建築・海洋関連法規)」,「海洋工学(海洋流体力学,海洋資源・エネルギー開発,環境保全)」から出題。
口頭試問 時間20分
卒業研究(論文・作品等)についての口頭試問。卒業研究の説明資料(概要をA4版2ページにまとめた資料)を試験当日必ず持参すること。

まちづくり工学

プレゼンテーション試験
「卒業研究に関する内容説明」と「大学院指導予定教員と協議した修士論文に関する研究計画に関する説明」についてのプレゼンテーション(10分)とそれに対する質疑応答。なお,プレゼンテーションに関する卒業研究の説明資料(A4版2ページ)および大学院進学時の研究計画書(A4版1ページ)を試験日に必ず提出すること(書式は任意)。
口頭試問
「力学(構造力学を中心とし,地盤力学・水理学を含む内容)」,「景観・観光まちづくり学」,「都市計画・建築計画」,「都市,建築に関する法令・制度基礎」,「福祉・健康まちづくり学」に関する知識を問う口頭試問。

機械工学

プレゼンテーションと口頭試問
卒業論文と大学院での研究計画についてのプレゼンテーション(10分程度)と機械工学に関する口頭試問。

精密機械工学

筆記試験 時間120分
「工業力学」,「材料力学」,「電気工学(電磁気学・交流理論)」,「電子回路」から出題。

航空宇宙工学

筆記試験 時間120分
「工業力学・制御工学」,「材料力学・構造力学」,「流体力学・航空力学」,「熱力学・推進工学」から出題。
口頭試問 時間30分
研究計画書を持参して頂き,研究計画等について口頭試問。

電気工学

小論文 時間60分
卒業研究および入学後の研究についての論述。
口頭試問 時間20分
専門に関する口頭試問。

電子工学

事前課題
大学院での研究計画書を出願時に提出する。

情報科学

事前課題
大学院での研究計画書を出願時に提出する。

物質応用化学

筆記試験 時間90分
「無機化学」,「有機化学」,「物理化学」,「生命科学」から出題。3科目を選択して解答する。
プレゼンテーションとその質疑応答 時間20分
卒業論文についてのプレゼンテーションとその質疑応答。A0サイズ1枚または10枚以下のA4サイズの紙を持参して10分程度のプレゼンテーションを行う。

物理学

筆記試験 時間60分
物理学の基礎学力を見る問題。
プレゼンテーションと口頭試問 時間30分
卒業論文あるいは,与えられた課題に関連したプレゼンテーションと口頭試問。

数学

筆記試験 時間120分
「微分積分学」,「線形代数学」から出題。

不動産科学

プレゼンテーション 時間20分
  1. 卒業研究・設計・作品(または同等の成果物)の内容
  2. 自己PR
  3. 大学院での研究テーマなどをプレゼンテーションツールにまとめ,15分以内で発表を行う。5分間程度の質疑応答。
※ 1.2.3は必ず盛り込むこと。また卒業研究・作品等は試験当日必ず持参すること。

量子理工学

筆記試験 時間60分
「力学」,「電磁気学」,「量子力学」,「熱力学」,「電気・電子回路」から概念的な理解を試す論述式問題を出題。このうち3問を選択して解答する。
口頭試問
卒業研究又は出身専門分野の研究について口頭試問。

※不明な点は,末尾記載の各専攻にお問い合わせください。
(注)土木工学専攻,精密機械工学専攻,航空宇宙工学専攻及び物質応用化学専攻については電卓使用可。ただし,プログラム機能や通信機能(携帯電話・腕時計型端末を含む)を持った電卓は除く。

PAGE TOP