交通システム工学専攻

交通システム工学専攻

研究成果

修士論文

  • 信号交差点における発進挙動分析による自転車交通流に関する研究(青山恵里)
  • クルーズ客船観光の初回利用時に着目した認知・検討・利用の態度変容分析(井口賢人)
  • モバイルマッピングシステムにおける標定点設置に関する研究(岡本直樹)
  • 転炉スラグ混合土の力学および膨張特性に及ぼすスラグ混入率の影響(小髙秀登)
  • 一般道路において中間速度層を実現するための道路構造条件の提案(小山田直弥)
  • 舗装構造の理論的設計方法における2層構造路床の弾性係数算出位置に関する研究(野田遼斗)
  • BRTへの端末交通サービス水準を考慮した交通需要推計に関する研究(畠山晃穂)
  • 燃料消費量推計におけるVSPモデルの適用可能性の検討(福室恵子)
  • D/Hと街路空間の印象評価の関係に関する基礎的研究(三富翔平)
  • 道路状況を考慮した路線バスの遅延時間予測の精緻化(横関敬裕)
  • ラウンドアバウトの流出車両挙動が流入判断に与える影響分析(渡瀬貴明)
  • ラオス、ヴェンチャンの都心部における路上駐車マネジメントの影響の評価に関する研究(VANTHANA KHAMPHANH)

博士論文(課程博士)

  • Development of Method to Estimate Fuel Consumption Reduction Based on Time Sharing of Driving Modes--Case of Promotion of Hybrid Cars in Bangkok--(走行モードの時間割合に基づく燃料消費削減量推定方法の開発--バンコクにおけるハイブリッドカー普及の例--)(Srisakda Napon)

PAGE TOP