環境・防災都市 共同研究センター

環境・防災都市 共同研究センター

環境・防災都市 共同研究センター

文部科学省学術フロンティア推進事業「環境・防災都市に関する研究」を実施するための共同研究施設として整備され、2000年3月に完成しました。施設内には3次元加力が可能な反力壁装置、並列運転可能な高速大容量(最大ストローク±20cm、最大速度±100cm/s、最大加力±400kN)のアクチュエータ3本、3次元電磁式振動試験装置、地盤免震装置、実験用計測装置を備えた計測制御室、および大・小会議室などがあります。これらの設備は主に、広く社会に受け入れられる研究成果を生み出すために、産学連携の研究体制のもとで利用されています。


主な利用専攻

  • 土木工学専攻
  • 建築学専攻
  • 海洋建築工学専攻
  • 機械工学専攻
  • 航空宇宙工学専攻

PAGE TOP