空気力学研究センター

空気力学研究センター

空気力学研究センター

本センターの大型低速風洞は、航空機、ロケット、自動車などの空力特性、また、建築物、橋梁などの構造物の耐性特性や自然風による都市の環境問題など、広い範囲の研究実験を行うため、1975年5月に完成しました。形式は水平回流(ゲッチンゲン)型であり、測定部の大きさは2m×2m×5m、固定壁測定部と開放型測定部とを切り替えることができ、最大風速は50m/sです。主流乱れの強さは固定壁測定部において、0.1%以下と、この規模の風洞として非常に低い値です。本風洞は、学内のみならず、学外からの委託研究にも利用されています。(写真は併設の3次元煙風洞)


主な利用専攻

  • 土木工学専攻
  • 建築学専攻
  • 機械工学専攻
  • 航空宇宙工学専攻
  • 電気工学専攻

PAGE TOP