ニュース

電子工学専攻2年の松本拓也さんが「電気学会 基礎・材料・共通部門 マグネティックス研究会」において,研究奨励賞を受賞しました。

電子工学科中川活二教授の指導する電子工学専攻 博士前期課程2年の松本拓也さんが、
2016年3月4日に名古屋大学で開催された「電気学会 基礎・材料・共通部門 マグネティックス研究会」において、表面プラズモンポラリトンが伝搬する多層プラズモン導波路に関する発表を行い、研究奨励賞を受賞しました。
論文の題目と概要は以下の通りです。

論文題目:
「表面プラズモンポラリトンの伝搬特性制御のための層状プラズモン導波路」

概要:
光の回折限界を超えて集光可能な表面プラズモンポラリトン(SPP)は、新規光デバイスへの応用が期待されています。SPPの波長や伝搬長を制御するために、2つの界面のSPPが同じ波数に結合して伝搬するモードに着目しました。光の波長に比べ十分に薄い金属及び誘電体を、交互に配置する多層プラズモン導波路の解析を行い、金属および誘電体厚さ変化に対する伝搬モードや波長の変化、誘電体材料による短波長化、レンズ構造を用いた集光の可能性を示しました。

この成果の一部は、文部科学省「戦略的研究基盤形成支援事業(代表:電子工学科 塚本 新 教授)」の支援を受けて実施されました。
おめでとうございます。
電子工学科HP→http://smart.ecs.cst.nihon-u.ac.jp/pc/



1273

PAGE TOP