ニュース

機械工学科4年高橋さん、三好さん、3年大窪さん、藤野さん、機械工学専攻1年大室さんのチームが「SAMPE-Japan学生ブリッジコンテスト」で優勝し、世界大会進出が決定しました。

2017年2月28日に金沢で開催された2016年度SAMPE-Japan学生ブリッジコンテストにおいて、機械工学科4年の髙橋拓也さんをリーダーとする,機械工学専攻修士1年の大室涼さん,学部3年の大窪聖也さん,藤野倖太郎さん,学部4年の三好啓介さんのチームが優勝しました。

このコンテストは,規定の荷重に耐える最も軽量な桁を,ある制限形状のもと炭素繊維強化プラスチック(CFRP)を用いて製作するというもので、
今回の優勝で、2017年5月23日~25日にかけて米国のシアトルで開催されるSAMPE Seattleにおける学生ブリッジコンテストに、日本代表(SAMPE-Japan)として参加することが決定しました。
おめでとうございます。

機械工学科HP→http://www.mech.cst.nihon-u.ac.jp/modules/topimage1/

PAGE TOP