ニュース

まちづくり工学科 落合正行助手が、日本建築学会「2017年日本建築学会作品選集新人賞」を受賞しました。

まちづくり工学科の落合正行助手(専門:建築設計・建築計画)が、日本建築学会「2017年日本建築学会作品選集新人賞」を受賞しました。

■受賞作品「ワカミヤハイツ‒あだち農まちプロジェクト‒」

足立区にある築40年の木造賃貸アパートを、農的空間と住民間コミュニティで再生を図ったもので、
昔の雰囲気を残しつつ耐震補強をし、住居のひとつをコモンスペースの集会所として2棟間の通り庭に面して開くように工夫する等、
空家を利用して街のイメージを継承し街を再生していくひとつのモデルとして評価されました。

なお、本賞は40歳未満の作品選集掲載作品の筆頭設計者に顕彰されるものです。


1338

※詳細→http://www.aij.or.jp/2017/2017prize.html#p8
※まちづくり工学科HP→http://www.town.cst.nihon-u.ac.jp/

PAGE TOP