ニュース

土木工学科の吉田征史准教授が、日本水環境学会において「技術奨励賞」を受賞しました。

平成29年6月16日に開催された公益社団法人日本水環境学会の通常総会において、土木工学科の吉田征史准教授(専門:水環境工学)が技術奨励賞を受賞しました。
今回の表彰は、埼玉県環境科学国際センター、立命館大学理工学部の研究者との共同研究により数年来進めてきた、下水処理施設から排出される環境負荷の評価手法の開発が評価されたものになります。この手法により、環境負荷な様々な側面を統合的に数値化できるため、地域住民への定量的な情報提供、公的機関における政策立案、産業界における低環境負荷型の技術開発の指針策定などに広く活用されることが期待されます。
おめでとうございます。


受賞概要は以下の通りです。


■(公社)日本水環境学会 平成28年度技術奨励賞


対象技術:下水処理施設由来の多元的環境負荷の統合評価手法

受賞者:見島 伊織(埼玉県環境科学国際センター)

吉川 直樹(立命館大学理工学部)
天野 耕二(立命館大学理工学部) 
吉田 征史(日本大学理工学部)


1431

※土木工学科HP→http://www.civil.cst.nihon-u.ac.jp/

PAGE TOP