ニュース

数学科吉開範章教授が共同研究開発をしている「自治体等保険者レセプトデータと健康情報等を基盤にAIを用いてリスク予測やターゲティングを行う保健指導システムの構築」がAMEDに採択

数学科の吉開範章教授(専門:ネットワーク基礎論)が広島大学等と共同研究開発をしている「自治体等保険者レセプトデータと健康情報等を基盤にAIを用いてリスク予測やターゲティングを行う保健指導システムの構築」がAMEDに採択され、研究代表である広島大学にて記者会見が行われました。


【概要】

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(以下、AMED)が公募した平成29年度「AIを活用した保健指導システム研究推進事業」に、広島大学が研究開発代表を務める課題「自治体等保険者レセプトデータと健康情報等を基盤にAIを用いてリスク予測やターゲティングを行う保健指導システムの構築に関する研究開発」が採択されました。
本提案は、AIを活用して地域自治体が所有する住民健康データを解析し、住民の持つ疾病発症リスクを階層化することにより、住民それぞれのリスクに応じた生活・保健指導を広く実現するシステムの開発を目指しています。
この中で、数学科の吉開教授は保健事業ビックデータの統計分析とAI活用に関する研究について協力をしています。


【背景】

超高齢社会に突入した我が国は、社会保障費の増大や生産年齢人口の減少等、様々な課題に直面しています。
課題の解決には、国民の疾病予防・健康管理の取り組みを推進し、健康寿命の延伸につなげていくことが有効です。政府は、保険者がレセプト・特定健診等情報を活用して加入者に対して効果的かつ効率的な保健指導を行う「データヘルス計画」の推進に取り組んでいます。
日本再興戦略や世界最先端IT国家創造宣言においては、ICT を活用した保険者機能の強化や、健診・レセプトデータ等のインテリジェント化を進めることで、診療やデータヘルス推進支援のための研究を行うことが明記されています。
しかしながら、「データヘルス計画」を推進するにあたり、各自治体保険者の事業規模が小さいことや、分析等に高度なICTリテラシーを要するため、各自治体の職員だけでは地域特性に応じた事業推進が滞ってしまうことなどが課題として挙げられています。


【提案のポイント】

広島大学は、広島県の協力を得て、個々の自治体の特性に応じた自治体保健師等による保健指導モデルの立案を支援するシステムの開発を行います。
このシステムは、これまで広島大学大学院医歯薬保健学研究科の森山美知子教授らが実施した、国の「データヘルス計画」の基礎になった呉市モデル1)を活用し、自治体等医療保険者の有する健診、医療・介護レセプトデータ、疾病構造や医療費の構造に影響するデータ(年齢分布、職業分布、病院数など)を、自然言語処理や機械学習等のAI技術を用いて、最適な保健指導を目指すものです。


1)最適な保健指導をおこなうオプトイン(マッチング・エンゲージメント)の概念に基づき、レセプトや健診データ、健康関連各種データを用いた分析と医療・健康・福祉施策立案方法であり、被保険者を、将来の疾患リスクに応じて階層化し、対象者をターゲティングし、適切な保健指導に結びつけるもの


1449

【今後の展開】

広島県内の自治体等の協力を得て、AIを構築し、個々の自治体の特性に応じた自治体保健師等による保健指導モデルの立案を支援するシステムの構築を目指します。


*事業における参加機関の役割

<広島大学>
・全体統括、広島大学病院・広島県・広島県医師会等の連携、慢性疾患管理手法、レセプト等の分析による施策の立案・保健指導のロジックの構築

<日本大学>
・保健事業ビックデータの統計分析とAI活用に関する研究

<株式会社OKEIOS>
・AI分析に関わるシステム開発(主に保健指導モデル)

<株式会社データホライゾン>
・AI分析に関わるシステム開発(主にレセプト分析)

<株式会社DPPヘルスパートナーズ>
・保健事業計画、実証

<広島県>
・広島県内自治体への保健事業計画、実証の協力要請

PAGE TOP