理工サーキュラー

『理工Circular』VOL.46

2016 SUMMER No.169

〈特集〉地震を科学する

No.169

日本は、四季のうつろいを感じられる自然環境に恵まれた過ごしやすい国土です。その一方で、災害が頻発する国土でもあります。地震にとどまらず、津波、台風、高潮、洪水、土砂崩れ、噴火、豪雪など、ひとつの国土でこれだけの災害のバリエーションがある国は珍しいでしょう。だからこそ、科学(技術)の力と不屈の意志で国土を強靭にして国民の命と財産を守る使命があります。
理工学部の叡智をあげて、挑戦は続きます!

(広報委員長・編集長 : 轟 朝幸)

CONTENTS

目次[1.3MB]

P.2
CST+なひと[1.2MB]
梅原材木店・梅原建築設計事務所代表
梅原 郁夫さん

学部長からのメッセージ
特 集地震を科学する
P.4
日本大学理工学部における
地震・防災・災害・救援・復旧の研究
[1.8MB]
連 載
P.10
私の研究歴136
水素と歩んだ42年[1.0MB]
物質応用化学科教授 西宮 伸幸
P.12
学生記者が行く! 030[976KB]
P.13
ZOOM UP!! CIRCLE
理工学部スキー部N.U.T.S/
メカトロニクス研究会
[834KB]
P.14
culture[869KB]
P.15
announcement[840KB]
P.16
event report[1.4MB]

PAGE TOP