日本大学理工学部

Step2

ロボット技術で実現!? 夢の宇宙エレベータ開発

精密機械工学科

誰もが簡単に宇宙旅行ができる夢の移動システムとしてSFの中で考案された宇宙エレベータ(軌道エレベータ)は、2030年の実現にむけて米国、カナダや欧州で様々な基礎技術の研究が開始されています。3万6千キロの静止軌道まで昇降するエレベータの開発には多くの難問があり、従来のエレベータ開発技術だけでは実現が難しいのですが、先端ロボット技術や精密加工技術にこれらの問題を解決するヒントが多くあることが分かってきました。

この講義では、現在、世界の研究者たちが開発している宇宙エレベータの動作原理や仕組みを実際に試作された宇宙エレベータモデルを使って説明します。また、米国で開始された宇宙エレベータ競技会の様子と共に、簡単に取り組める宇宙エレベータモデル製作について紹介します。

宇宙エレベータモデルの製作や操作体験を通じて、ロボット技術や宇宙開発の最先端を覗いてみませんか。

青木 義男
青木 義男
申し込む

このページのトップへ