日本大学理工学部

Step2

試料中に隠された真実とは?
-「分析化学」で微量化学成分の存在を解明せよ!-

物質応用化学科

皆さんは「分析化学とは何か?」という質問に対して、どのように回答するでしょうか?理論化学、無機化学、有機化学という言葉は高校化学でも良く聞いたと思いますが、このページを見て初めて知った人が多いかもしれません。しかし、分析化学なくして皆さんの日常生活は成り立たないでしょう.

例えば、水道水は硬度や有害成分の検査後に各家庭に供給され、食卓に並ぶ食品は栄養成分や食品添加物が表示されています。講義を受ける教室では、空気中の微量成分が分析され、各種検査を通過した建材が使用されるなど例を挙げたらキリがありません。このように、24時間身近で役に立つ分析化学は「縁の下の力持ち」と言っても過言ではありません。

「分析化学」はサスペンスドラマと共通点が多く、「自然界に存在する物質を捜査対象とし、化学及び物理的な実験及び解析に基づいて捜査を行い、得られた証拠から物質の質、量及び存在形態という真実を暴き出す」とも言えるでしょう。本講義では、以上の例を含めた具体的な分析例を幾つか挙げながら、分析化学の社会への貢献を中心にお話ししたいと思います。

図:食品中の食品添加物(有機酸)の分析例
図:食品中の食品添加物(有機酸)の分析例
吉川 賢治
吉川 賢治
申し込む

このページのトップへ