日本大学理工学部

Step2

化学反応でわかる人体の異常

物質応用化学科

健康診断では, 血液や尿・画像などを用いて疾患の疑いがあるかを調べます. そして, 疾患には特徴的なマーカー分子の増減が知られており, それらの化学構造や特性を利用した検査が行われています. 例えば, 尿潜血検査において尿中に漏れ出た赤血球に含まれるヘモグロビン量を測定することによって, 腎泌尿器疾患を見つけることができます. 尿潜血試験紙には酸化されると色が変わるo-トリジンが含まれており, ヘモグロビンにより間接的に酸化され, 試験紙の色が変化して尿潜血を明らかにすることができます. このような化学反応によって, 疾患を早期に発見することにより, 私たちの健康は保たれています.

本講義では, 健康診断時の検査法に用いられる化学反応に焦点を当て, 健康がどのように守られているかを紹介していきます.

松下 祥子
松下 祥子
申し込む

このページのトップへ