日本大学理工学部
新型コロナウイルス感染症に係る本学部の対応について
  1. HOME
  2. 研究情報
  3. 研究者情報
  4. 轟朝幸教授

研究者情報

交通のミライに挑む

交通システム工学科

轟 朝幸教授/博士(工学)

TODOROKI TOMOYUKI

専門

交通計画、公共交通、空港計画

キーワード

空港・航空

2020 東京オリンピック・パラリンピックやインバウンド 6,000 万人の目標達成に向けて、首都圏空港をはじめ全国の空港はさらに充実させる必要があります。大規模災害における救助救援の航空機活動を支える役割も空港にはあり、普及し始めた水上飛行機は地方創生の重要な手段として注目できます。これらの関連研究や啓発活動を続けています。

公共交通

わが国では鉄道を中心とした公共交通が発達しています。しかし首都圏ではいまだ混雑が常態化しています。地方ではバスの撤退などが進み、生活の足の確保が大きな社会的課題になっています。課題解決に向けた施策を講じ、将来のために生活や産業を支える交通をさらに充実させる研究や地域活動を進めています。

観光交通

観光立国は国家プロジェクトです。交通は観光地へのアクセスとして極めて重要な要素であり、観光の活性化に大きく寄与します。また交通そのものが観光魅力にもなります。近年では、豪華列車やクルーズ客船が脚光を浴びるなど、観光交通が充実してきています。観光を交通の視点から支援する研究や地域活動を進めています。

メディア出演

ニュースウォッチ9(NHK:2009)、イブニング・ファイブ(TBS:2011)、おはよう日本(NHK:2014)、プライムニュース(BS フジ:2015)、NHK ジャーナル(NHK ラジオ:2013)、日刊建設工業新聞(2013 〜 2015)、共同通信社(2015、2016)、日本経済新聞(2016)、毎日新聞(2017)他