日本大学理工学部
  1. HOME
  2. ニュース
  3. 記事詳細

ニュース

2017年11月09日

受賞

精密機械工学科の田中勝之准教授が「第38回熱物性シンポジウム」において熱物性学会賞論文賞を受賞しました。

精密機械工学科の田中勝之准教授が、11月8日に産業技術総合研究所(つくば)で開催の第38回熱物性シンポジウム会期中の総会にて、熱物性学会賞論文賞を受賞しました。
受賞対象は、熱物性Vol.31(2), pp.66-71, 2017年に掲載された論文「1,1,1,2,2,4,5,5,5-nonafluoro-4-(trifluoromethyl)-3-pentanoneの臨界定数の測定」です。
工場排熱などの低品位な熱源で発電するための作動流体の研究です。
なお、本研究は平成27年度理工学部応用科学研究助成金による「オーガニックランキンサイクル用作動流体の臨界点測定装置の開発」の成果の一部です。
おめでとうございます。

精密機械工学科の田中勝之准教授が「第38回熱物性シンポジウム」において熱物性学会賞論文賞を受賞しました。