日本大学理工学部
  1. HOME
  2. ニュース
  3. 記事詳細

ニュース

2017年11月13日

メディア

航空宇宙工学科 阿部新助准教授らが(株)ALEと共同開発している人工流れ星のプロジェクト「Shooting Star challenge」に、ファミリーマートと日本航空がオフィシャル・パートナーとなることが発表されました。

(株)ALEの「Shooting Star challenge」オフィシャル ・パートナー発表記者会見が、11月7日に恵比寿ガーデンプレイス・ガーデンホールにて行われ、ファミリーマートと日本航空のオフィシャル・パートナー就任が発表されました。
(株)ALEが産官学の協力を得て開発を進めているこの人工流れ星のプロジェクトには、本学部 阿部新助准教授(専門:宇宙科学)の他、東北大学 桒原准教授、首都大学東京 佐原教授、神奈川工科大学 渡部准教授が参加しており、阿部准教授は、流れ星のもととなる粒が大気圏に突入した時の光の強度を高める部分を担当しています。
このプロジェクトは、エンターテインメントの部分が多々話題にあがりますが、実は、入射角、速度、成分がわかっている人工流れ星を基準にすることで、自然界の隕石や流れ星のメカニズムを解明したり、これまで分からなかった高層大気の挙動を観測する等々、今後の宇宙科学の発展に貢献していくものとしても注目されています。
今回ファミリーマートと日本航空がオフィシャル・パートナーとなったことで、エンターテインメントと科学観測のオプションが一気に広がり、2018年に人工衛星を打ち上げ、2019年初夏に瀬戸内海上空で予定されている人工流れ星の初のチャレンジに向けて、大きな一歩をふみだしたこととなります。
詳細は、(株)ALE「SHOOTING STAR challenge 」Webページをご覧ください。

航空宇宙工学科 阿部新助准教授らが(株)ALEと共同開発している人工流れ星のプロジェクト「Shooting Star challenge」に、ファミリーマートと日本航空がオフィシャル・パートナーとなることが発表されました。