日本大学理工学部
  1. HOME
  2. ニュース
  3. 記事詳細

ニュース

2018年01月13日

メディア

1月12日発売の「BRUTUS」(No.862)に、建築学科の佐藤光彦教授の建物紹介が掲載されています。

建築学科の佐藤光彦教授(専門:建築計画・建築設計)が、現在発売中の「BRUTUS」特集:建築を楽しむ教科書ー伝統建築編ーの中で、現代建築家16名のうちの1名として、慈照寺東求堂(じしょうじ とうぐどう)の紹介をしています。
この建物は、1486年室町幕府第8代将軍 足利義政の持仏堂として創建。武家、公家、禅宗の文化が融合した東山文化を反映した日本最古の書院造りで、国宝です。
この中で佐藤教授は、当時の芸術や美術に囲まれながら造り上げたこの東求堂は、現代まで続く日本の建築文化の精神が凝縮されているので、是非みてほしいとしています。(春秋の特別公開時期にみることができます)
伝統建築を美しい写真とともに紹介している現在発売中の「BRUTUS」(No.862)是非ご覧ください。