日本大学理工学部
  1. HOME
  2. ニュース
  3. 記事詳細

ニュース

2018年03月05日

受賞

物質応用化学科の梅垣哲士准教授が「平成29年度 日本エネルギー学会」において進歩賞(学術部門)を受賞しました。

物質応用化学科の梅垣哲士准教授が、平成29年度日本エネルギー学会において進歩賞(学術部門)を受賞しました。

■業績
「エネルギー変換に利用する水素化・脱水素化触媒の微細構造の役割に関する研究」

次世代のエネルギー媒体として期待される水素、あるいは二酸化炭素を利用可能にする化学プロセスにおいて利用可能な触媒材料の研究を進めてきました。特にこれらの化学プロセスで利用される触媒を合成するうえで、ナノ~サブナノサイズに形状を制御する技術を活用し、その微細構造と機能の関係を明らかにするという新規な分野で研究を進めてきた成果について評価され、今回の受賞に至りました。
梅垣准教授は「今後もナノテクノロジーを活用し、エネルギーや環境の分野に貢献できる触媒材料の開発を目指して研究を進めていきたい」とコメントしています。
おめでとうございます。

物質応用化学科の梅垣哲士准教授が「平成29年度 日本エネルギー学会」において進歩賞(学術部門)を受賞しました。