日本大学理工学部
  1. HOME
  2. ニュース
  3. 記事詳細

ニュース

2018年07月27日

イベント

<8月4日(土)・5日(日)>女子高校生のためのCSTサイエンスセミナー「ロボットの脳を使って光や音を自由にあやつろう」開催

8月4日(土)・5日(日)に、船橋キャンパスで開催しますオープンキャンパスの中で、毎年大人気の女子高校生向けのプログラム「女子高校生のためのサイエンスセミナー」を行います。
今年のテーマは
「ロボットの脳を使って光や音を自由にあやつろう」
です。
現在、世界的に進む高齢化によって、世界中でロボットへのニーズは最高レベルに達しています。これは、理系に進もうとしている高校生にとっては朗報です。なぜなら、日本のものづくり技術とロボット産業は相性がよいため、学んだ知識を活かせる場があるからです。日本大学理工学部では、このような社会のニーズに対応できる「情報、電気に強い機械技術者」の育成を目指しています。
「ロボットって、いろんな知識の集合体で難しそう」と思うかもしれませんが、まずは、このプログラムでロボットの基礎を、見て・触って・楽しんで・知ってみてください。担当するのは、精密機械工学科の齊藤健准教授をはじめとして、中村嘉恵助教・田畑昭久助教・小林伸彰助教です。
齊藤准教授は、5円玉の真ん中の穴に入ってしまうほどの小さな小さなマイクロロボットを製作し、現在人工脳を開発してロボットに搭載することで、自から考えて行動する人工生物を創り出す研究をしています。
そう、ロボットに命をふきこむ研究です。
先生のポリシーは「夢は叶えるもの」。
さぁ、皆さん、一緒に夢の第一歩を踏み出してみませんか?

日程
平成30年8月4日(土)・5日(日)

時間
11時20分~12時20分
場所
日本大学理工学部 船橋校舎 13号館1326教室
対象者
女子高校生、およびその保護者
定員
両日ともに先着50組まで
<8月4日(土)・5日(日)>女子高校生のためのCSTサイエンスセミナー「ロボットの脳を使って光や音を自由にあやつろう」開催