日本大学理工学部
  1. HOME
  2. ニュース
  3. 記事詳細

ニュース

2018年08月01日

メディアお知らせ

精密機械工学科 青木研究室の昇降機 9月11日 種子島宇宙センターからH2Bロケット7号機で打ち上げへ!!

静岡大学工学部と共同研究開発している宇宙エレベーター実験の2号機「STARS-Me」が、9月11日にJAXA H2Bロケット7号機にて、国際宇宙ステーション(ISS)に向けて種子島宇宙センターから打ち上げられることが発表されました。
青木研究室(青木義男教授)が、研究開発してきた昇降機がいよいよ宇宙での実証実験をむかえることになります。
「STARS-Me」は打ち上げ後、補給機「こうのとり」でISSに運ばれ、そこで日本実験棟「きぼう」から高度400キロの軌道上に放出されることになります。
テザーでつなぐ2つの小型立方体「Cube Sat」の間で昇降機を動かす実験は、世界初。
重さ2.42㎏・1辺10cmの立方体2機の間に全長10mのケーブル。その間を縦3㎝横3㎝高さ6㎝の昇降機が行き来することとなります。
放出後の愛称は「てんりゅう」。静岡大学の近くに流れる天竜川からきているようですね。皆さんもこのプロジェクトに是非注目していてください。
世界初の宇宙エレベーターが誕生するかもしれません。
※青木教授のお話をききたい方は是非8月4日5日に船橋キャンパスで開催されますオープンキャンパスへお越しください。最新情報を直接聞くことができます。