日本大学理工学部
  1. HOME
  2. ニュース
  3. 記事詳細

ニュース

2018年08月09日

受賞

電気工学科の戸田健准教授が24th International Conference on Electrical Engineering (ICEE2018)において最優秀ポスター発表賞を受賞しました。

2018年6月24日—28日、韓国ソウルの高麗大学で開催された24th International Conference on Electrical Engineering (電気工学技術に関する国際会議)において、電気工学科の戸田健准教授がBest Poster Presentation Award(最優秀ポスター発表賞)を受賞しました。発表論文は以下の通りです。

論文題目:
A basic study of simple and low-cost electric bulletin system for Darrieus-type vertical axis wind turbine (DTVAWT)
論文著者:
Takeshi Toda, Ryunosuke Sano, Takuya Hayashi, Shota Takihata, Kentaro Tsuji and Mitsuhiro Shiono

本論文では、垂直軸風車の翼にLEDをアレイ状に配置し、人の残像効果(目で見た像が消えても暫くの間、瞼の裏に残る現象)を利用して文字等の情報を平面的に表示する方法を提案しました。
おめでとうございます。

電気工学科の戸田健准教授が24th International Conference on Electrical Engineering (ICEE2018)において最優秀ポスター発表賞を受賞しました。