日本大学理工学部
  1. HOME
  2. ニュース
  3. 記事詳細

ニュース

2018年11月01日

イベント

11月10日(土)11日(日)日本大学理工学部 化学教材研究会が、「サイエンスアゴラ2018」(東京・お台場テレコムセンターにて開催)に、"化学は∞(無限大)!?~身近な化学をゲームで遊ぼう~"を出展します。

2018年11月10日(土)~11日(日)の2日間、東京・お台場テレコムセンターにて開催される日本最大級のサイエンスコミュニケーションイベント
 「サイエンスアゴラ2018」において、日本大学理工学部一般教育教室 化学系列 伊藤 賢一 准教授が物質応用化学科及び短期大学部生命・物質化学科の学生とともに「化学は∞(無限大)!?~身近な化学をゲームで遊ぼう~」という企画展に今年も参加します。
出展ブースでは、「有機合成カードゲーム」や「原子タイルゲーム」、「ストロー分子模型」といった日本大学理工学部 化学教材研究会の学生が制作した教材の紹介や、それらの分かりやすい解説を行います。
化学初心者や苦手意識がある方でも気軽に参加して頂けますので、是非ともテレコムセンタービル5階69番ブースへお越しください。
皆様のご来場をお待ちしております。

※サイエンスアゴラ2018は11月9日~11日開催で、11月9日の会場は日本科学未来館、10日・11日の会場はテレコムセンターです。

サイエンスアゴラ2018

開催日時
11月10日(土)11日(日)
10:00~16:00
会場
テレコムアリーナ5階69番ブース
プログラム名
化学は∞(無限大)!?~身近な化学をゲームで学ぼう~
内容
私たちの身の回りには、ペットボトルや化粧品などの化学製品が溢れています。でも「化学」というと、「覚えるの?」とか「難しい!」と思いがちではないでしょうか?
私たちの研究会では、そんな「化学」をもっと身近に感じてもらいたい!と考え、日々活動しています。今回の企画は、ゲームという形で化学、特に有機化学の世界をちょっとだけ覗いてみませんか?というものです。
前回のアゴラで出展した「有機合成カードゲーム」だけではなく、「原子タイルゲーム」などなど前回よりパワーアップして出展します。また、今回は「ストロー分子模型」も作れます。ゲームやワークショップは当会のスタッフがファシリテーターとなって分かりやすく解説しながら、一緒に行っていきますので、化学初心者・苦手意識がある方でも気軽に参加して頂けます。
主催他
[主催]国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)
[協力] 株式会社東京テレポートセンター/株式会社フジテレビジョン/ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社/
ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社/国立大学法人京都工芸繊維大学 KYOTO Design Lab
[後援] 内閣府/外務省/文部科学省/経済産業省/日本学術会議/一般社団法人日本経済団体連合会
一般社団法人東京臨海副都心まちづくり協議会/一般社団法人国立大学協会
日本私立大学団体連合会/国立研究開発法人理化学研究所/国立研究開発法人産業技術総合研究所
その他
入場無料