日本大学理工学部
新型コロナウイルス感染症に係る本学部の対応について
  1. HOME
  2. ニュース
  3. 記事詳細

ニュース

2018年11月14日

受賞

機械工学専攻の山下貴大さん、阿部陽介さん、石川貴大さんが「2018 Small Engine Technology Conference」において、ベストプレゼンテーション賞を受賞しました。

2018年11月6日から11月7日にかけてドイツのデュッセルドルフで開催されました、2018 SETC (Small Engine Technology Conference:小型エンジン技術国際会議)にて研究発表を行った機械工学科 飯島研究室の大学院生3名 山下貴大さん、阿部陽介さん、石川貴大さんのそれぞれが、Best Presentation Award(優秀講演賞)を受賞しました。
SETC2018に採択された67件の論文講演の中から、Top 5が優秀講演賞に選ばれましたが、その中の3件となります。
発表論文は以下の通りです。
おめでとうございます。
※Best Presentation Awardの対象は、学生に限られたものではなく、すべての発表者が候補者です。海外や国内のメーカーの技術者、国内外の研究所や大学関係者が発表する中で、本学の機械工学専攻の3名が優秀講演賞を受賞するという快挙となりました。

論文題目(山下貴大さん)
Influence of Autoignition and Pressure Wave Behavior on Knock Intensity Based on Multipoint Pressure Measurement and In-Cylinder Visualization of the End Gas
著者
Takahiro Yamashita, Shuhei Takahata, Hiroki Kudo, Takuya Izako, Takahiro Ishikawa,
Nihon University Graduate School
Masanori Saito, Mitsuaki Tanabe, Akira Iijima
 Nihon University
内容
この研究は、内閣府戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)「革新的燃焼技術:高効率ガソリンエンジンのためのスーパーリーンバーン研究開発」の一環として実施されたものです。ガソリンエンジンの革新的な熱効率向上を実現するうえで避けて通れない現象である、ノッキング(異常燃焼)の発生メカニズムに関する研究成果です。
https://www.sae.org/publications/technical-papers/content/2018-32-0001/

戦略的イノベーション創造プログラムSIP Webサイト:http://www.jst.go.jp/sip/
SIP革新的燃焼技術 ガソリン燃焼チームWebサイト: http://sip.st.keio.ac.jp/

論文題目(阿部陽介さん)
A Study on Accomplishing Lean Combustion by Multistage Pulse Discharge Ignition Using an Optically Accessible Engine



著者
Yosuke Abe, Masaya Iimura, Takuma Furusho, Kotaro Takeda
 Nihon University Graduate School
Akira Iijima
 Nihon University
Taichiro Tamida, Takahiro Inoue
 Mitsubishi Electric Corp.
内容
この研究は、ガソリンエンジンの希薄条件での点火技術とそのメカニズムに関するもので、三菱電機株式会社との共同研究として行われたものです。
https://www.sae.org/publications/technical-papers/content/2018-32-0007/
論文題目(石川貴大さん)
A Study of the Factors Determining Knocking Intensity Based on High-Speed Observation of End-Gas Autoignition Using an Optically Accessible Engine




著者
Takahiro Ishikawa, Shuhei Takahata, Hiroki Kudo, Takuya Izako, Takahiro Yamashita
 Nihon University Graduate School
Hibiki Koga
 Honda R&D Co Ltd,
Toshiro Kiura
 Honda R&D Europe GmbH
Akira Iijima
 Nihon University
内容
この研究は、株式会社本田技術研究所との共同研究として行われたものです。小型ガソリンエンジンの高効率クリーン運転を実現するうえでの課題であるノッキング現象について、「ノッキングの強さを決める因子は何なのか?」を研究したものです。
https://www.sae.org/publications/technical-papers/content/2018-32-0003/
機械工学専攻の山下貴大さん、阿部陽介さん、石川貴大さんが「2018 Small Engine Technology Conference」において、ベストプレゼンテーション賞を受賞しました。

Best Presentation Award 山下さん

機械工学専攻の山下貴大さん、阿部陽介さん、石川貴大さんが「2018 Small Engine Technology Conference」において、ベストプレゼンテーション賞を受賞しました。

機械工学専攻の山下貴大さん、阿部陽介さん、石川貴大さんが「2018 Small Engine Technology Conference」において、ベストプレゼンテーション賞を受賞しました。

Best Presentation Award 阿部さん

機械工学専攻の山下貴大さん、阿部陽介さん、石川貴大さんが「2018 Small Engine Technology Conference」において、ベストプレゼンテーション賞を受賞しました。

機械工学専攻の山下貴大さん、阿部陽介さん、石川貴大さんが「2018 Small Engine Technology Conference」において、ベストプレゼンテーション賞を受賞しました。

Best Presentation Award 石川さん

機械工学専攻の山下貴大さん、阿部陽介さん、石川貴大さんが「2018 Small Engine Technology Conference」において、ベストプレゼンテーション賞を受賞しました。