日本大学理工学部
  1. HOME
  2. ニュース
  3. 記事詳細

ニュース

2018年12月15日

レポート

日本大学体育大会で理工学部が2年連続で男子総合優勝・女子総合第2位となりました。

本年度の日本大学体育大会で、理工学部が男子の部の総合優勝、女子の部の総合第2位となりました。2年連続の快挙です。
この成績に伴い、11月24日(土)に日本大学会館で開催された日本大学体育大会閉会式において、理工学部の男子代表選手に優勝旗、女子代表選手にトロフィーが学長より授与されました。

<代表選手コメント>
男子(テニス競技会):堀田 健太さん(建築学科4年生)
「男子テニスでは去年に続き優勝し、理工学部優勝に貢献することができて嬉しく思います。来年も優勝に貢献できるよう頑張ります。」

女子(テニス競技会):遠藤 陽奈さん(物理学科3年生)
「男子総合優勝、女子準優勝といった成績を理工学部として残す事が出来、大変嬉しく思います。競技に出場した一人一人が真剣に取り組んだ結果だと思います。」

日本大学体育大会は、11種類の競技を各学部等の代表選手が競い合う大会です。
男子が優勝、女子が第2位という好成績を収めたテニス競技会のみならず、各競技会ともに優秀な成績を収め、理工学部は総合成績で男子が優勝・女子が第2位という結果を勝ち取ることができました。選手の皆さんお疲れ様でした。

日本大学体育大会で理工学部が2年連続で男子総合優勝・女子総合第2位となりました。