日本大学理工学部
  1. HOME
  2. ニュース
  3. 記事詳細

ニュース

2019年03月04日

受賞

3月2日(土)未来博士工房学生博士賞表彰式が執り行われました。

3月2日(土)未来博士工房学生博士賞表彰式が執り行われました。

3月2日(土)、駿河台キャンパス1号館CSTホールにて、未来博士工房学生博士賞表彰式が執り行われました。
今年からブリッジ工房が新たに加わり、交通まちづくり工房、フォーミュラ工房、ロボット工房、航空宇宙工房、電気エネルギー工房、PC工房、物理学プロジェクト工房の計8工房から116名が受賞しました。
表彰式は未来博士工房委員会委員長の青木学部次長の、チームワーク・ネットワーク・フットワークという3つのワークは様々なことに挑むにあたってとても重要であり、さらにリーダーシップやコミュニケーション能力に優れた皆さんにこの学生博士賞を贈りますというお話ではじまり、続いて各工房ごとの賞状授与、最後に岡田学部長から、理工学部は教育と研究を大事にしており、それを結びつけるのが未来博士工房である。この研究をものづくりにつなげることこそ意味があり、皆さんには30年先の日本の社会を支える人、30年先の社会に貢献できる「モノ」や「コト」を創造できる人になってくれることを期待している。そして将来日本がどんな変化や試練に直面していようとも、ぶれることなくサイエンスやテクノロジーの世界でたくましく邁進する気概をもってほしいとエールが贈られました。
若きエンジニアたちは、真剣なまなざしで話に聞き入り、指導してくださっている先生達を囲んでの記念撮影では晴れ晴れとした笑顔でいっぱいでした。
考えること、手を動かすこと、苦難に直面した時に相談すること、できる方法を考えるという柔軟さをもつこと、あきらめないこと。
どれも、決してラクなことではなく、むしろ苦労ばかりだと思いますが、それを乗り越えた人だけが知る達成感を知っているであろう彼らは、とてもたのもしく輝いて見えました。

3月2日(土)未来博士工房学生博士賞表彰式が執り行われました。

3月2日(土)未来博士工房学生博士賞表彰式が執り行われました。