日本大学理工学部
  1. HOME
  2. ニュース
  3. 記事詳細

ニュース

2019年04月12日

受賞

日本大学名誉教授 平山善吉先生(元:理工学部 建築学科教授)が、カンボジア王国から「サハメトレイ勲章大騎士章」および勲記が授与されました。

日本大学名誉教授 平山善吉先生(元:理工学部 建築学科教授)が、カンボジア王国から「サハメトレイ勲章大騎士章」および勲記が授与されました。

2018年12月4日、カンボジア王国シェムリアップ市において開催された第25回ICC会議において、カンボジアのプーン・サコナ文化芸術賞大臣より、平山善吉先生に、カンボジア国王署名入りの「サハメトレイ勲章大騎士章」および勲記が授与されました。
今回の勲章授与は、カンボジア国王とその国民のために多大な奉仕活動がなされ、文化発展の分野で傑出した貢献を果たした外国人に贈呈される勲章です。
なお、上智大学から、高祖敏明特任教授(前上智学院理事長)がサハメトレイ勲章コマンドール章 、 石澤良昭教授(上智大学アジア人材養成研究センター所長)がモニサラポン勲章大官位章 を授与されています。
平山先生は、長年に渡るアンコール・ワット西参道修復工事並びにカンボジア人専門家の人材養成に対する貢献とその成果が高く評価されました。
また、2019年3月30日には、一般教育 伊豆原 月絵教授らが発起人となり、学士会館にて「平山善吉先生 サハメトレイ勲章受勲記念祝賀会」が執り行われました。
平山先生は、これらの遺跡の修復を通じさらなるカンボジア人技術者の育成を目指し、将来はカンボジア人自らが遺跡の修復を行うことを目指したいとしています。
先生、誠におめでとうございました。

※ICC会議とは「アンコール遺跡保存修復国際調整委員会」(The International Coordinating Committee for the Safeguarding and Development of the Historic Site of Angkor )であり、今回25周年を記念して叙勲が行われました。

日本大学名誉教授 平山善吉先生(元:理工学部 建築学科教授)が、カンボジア王国から「サハメトレイ勲章大騎士章」および勲記が授与されました。

写真:上智大学提供 前列左から、平山日本大学名誉教授 高祖敏明特任教授(前上智学院理事長) プーン・サコナ文化芸術省大臣

日本大学名誉教授 平山善吉先生(元:理工学部 建築学科教授)が、カンボジア王国から「サハメトレイ勲章大騎士章」および勲記が授与されました。