日本大学理工学部
  1. HOME
  2. ニュース
  3. 記事詳細

ニュース

2019年09月08日

お知らせ

駿河台キャンパスタワー・スコラ前に創設100周年記念モニュメント「CST SPHERE」が設置されました。

駿河台キャンパスタワー・スコラ前に創設100周年記念モニュメント「CST SPHERE」が設置されました。

駿河台キャンパス「タワー・スコラ」に隣接する公開空地に、理工学部創設100周年記念ロゴマークを立体化したモニュメント、その名も「CST SPHERE」が設置されました。デザインは野老朝雄(ところ あさお)氏です。
「ことづくり」のための「ものづくり」を担う理工学部の、多様な学科がしっかりと組み合わさった力強さを感じられる30面の球体で、この球体自体幾何学的でありながら、上から見ると有機的な桜のかたちが浮かび上がるデザインとなっています。
夜になると、外に強烈な光を放つのではなく、真ん中にあたたかいあかりを灯すようなやわらかい光で浮かび上がります。
どちらも美しい姿です。
是非、皆さん一度見に来てください。
台座もシンプルでかっこよく、球体としては高さ2.54mですから迫力があります。
この「CST SPHERE」が、あらたな駿河台の街のシンボルとして、そして、大いなる夢と挑戦の拠点のシンボルとして、皆さまに親しんでいただければと思います。
※野老朝雄氏は、東京2020オリンピック・パラリンピックエンブレム、大手町等パークビルディングのための屋外彫刻作品他多数を制作されています。

駿河台キャンパスタワー・スコラ前に創設100周年記念モニュメント「CST SPHERE」が設置されました。

駿河台キャンパスタワー・スコラ前に創設100周年記念モニュメント「CST SPHERE」が設置されました。

駿河台キャンパスタワー・スコラ前に創設100周年記念モニュメント「CST SPHERE」が設置されました。

駿河台キャンパスタワー・スコラ前に創設100周年記念モニュメント「CST SPHERE」が設置されました。