日本大学理工学部
新型コロナウイルス感染症に係る本学部の対応について
  1. HOME
  2. ニュース
  3. 記事詳細

ニュース

2021年04月01日

お知らせ

新入生のみなさんへ 青木理工学部長祝辞

 理工学部,短期大学部(船橋校舎)へ入学された皆さん,おめでとうございます。また,保護者の皆様。ご子息ご息女がこの良き日を迎えられました事を,心よりお祝い申し上げます。
 さて,昨年は新型コロナウィルス感染症の拡大によって,想定外の1年間を過ごすことになりました。人は予測不能な事態に直面すると不安に陥り,多くのストレスを抱え,勉強や生活に影響が及ぶことが多々あると思います。卒業後の進路に不安が募り,一人で悩み苦しむこともあったのではないでしょうか。しかし,皆さんはそのような状況の中で,自分なりにできることを見出し,自分なりに力を尽くして,日本大学理工学部の一員としてこの日を迎えている訳です。
 皆さんは,例年以上の困難を乗り越えて成長している新入生であることを自負してください。楽しいことばかりの環境では人の成長は培えないこともあると思います。皆さんがコロナ禍で感じてきた不安や不自由さは,今後の大学生活の中でも度々経験することになると思います。そのような時に必ず乗り越えるための力になると信じ,自信をもって新たなステージに臨んで下さい。
 そして,もうひとつ皆さんにお伝えしたいことがあります。高校までは先生が正しい答えを導き出してくれましたが,大学では,答えの導き方が複数あって選ばなければならない課題,ネット上に沢山の考え方があってどれが正解か分からない課題,答えが見つかっていない課題,自ら解く問題から設定する課題,これらに取組むことばかりになります。
 今はインターネット上に多くの情報があるのでそれを参考に答えを導くことは簡単で,課題解決にもその情報を鵜呑みにしたくなります。しかし,本当に大切なのは,答えに繋がる多くの情報から適切なものを選択し,調査や実験をして確からしさを見極め,分析をして,自分なりの考え方をまとめ整理して伝えることです。それは,自分で考えた答えでないと知恵として身につかないからです。
人の成長は困難を乗り越えた達成感をより強い好奇心や向上心に繋げることで培われます。これから始まる大学4年間で,自らのビジョンを描き,学び続け,対話を重ね,行動を起こすことを実践し続けることで,必ず未来への道は見えてくるはずです。
 本日の新入生全員が,未来社会を創造する「自主創造型パーソン」になれるよう心より祈念しております。


日本大学理工学部長 青木 義男
 

新入生のみなさんへ 青木理工学部長祝辞