日本大学理工学部
新型コロナウイルス感染症に係る本学部の対応について
  1. HOME
  2. ニュース
  3. 記事詳細

ニュース

2021年04月16日

受賞

物理学科 浅井朋彦教授が、令和2年度日本大学リサーチャー・アワード(科学研究費部門)を受賞しました。

物理学科 浅井朋彦教授(専門:プラズマ物理学)が、令和2年度日本大学リサーチャー・アワード (科学研究費部門) を受賞し、4月12日(月)に、本学学長からのお祝いの言葉と共に、賞状盾と記念のクリスタルが贈られました。
日本大学リサーチャー・アワードは、優れた研究成果を上げた研究者に贈られるもので、科学研究費部門は、文部科学省及び日本学術振興会の科学研究費助成事業において、研究代表者として一課題の交付額が最も高額であった者が選ばれます。
浅井教授の研究課題名と概要等は以下のとおりです。
おめでとうございます。



研究種目
基盤研究A
研究課題名
超高ベータ磁化プラズマによる無衝突衝撃波の実験的研究
研究概要
実験室内で宇宙・天体のダイナミックスや構造に関する研究を行う試みです。宇宙空間と同等の超高ベータ無衝突プラズマを生成し、秒速500km近い超音速で衝突させることで、宇宙空間で生じる無衝突衝撃波を再現して観測し、コンピュータによるシミュレーション結果と比較検証を行います。
物理学科 浅井朋彦教授が、令和2年度日本大学リサーチャー・アワード(科学研究費部門)を受賞しました。

左側 青木理工学部長 右側 物理学科 浅井朋彦教授