日本大学理工学部
新型コロナウイルス感染症に係る本学部の対応について
  1. HOME
  2. ニュース
  3. 記事詳細

ニュース

2021年09月30日

在学生お知らせ

<日本大学理工学部長からのメッセージ>「緊急事態宣言の解除」を受けて

日本大学大学院理工学研究科
日本大学理工学部
日本大学短期大学部(船橋校舎)
在学生のみなさんへ

日本大学理工学部長からのメッセージ
「緊急事態宣言の解除」を受けて


 既に御存知のとおり,本日9月30日をもって緊急事態宣言が解除され,10月1日からは全国的に宣言や重点措置が発出されていない状況となります。首都圏の関連情報を精査した限りでは厳しい感染状況を脱したように見受けられますが,一方で,リバウンドへの懸念が多方面で言及されています。現状に安堵するのではなく,感染症への対策と警戒を継続して参ります。
 理工学部では,日本大学全体の中で最も早くワクチンの職域接種を実施し,着席トレーサビリティなどの感染症対策を進めてきました。今回の宣言解除を受け,10月8日(金)より,大学院及び理工学部は令和3年度授業時間割表どおりに(4月当初の授業スタイルに戻して)実施,短期大学部は対面実施の科目を増やすこととしました。
 私たちは,決して楽観的に舵を切ろうとしているのではありません。この判断の大前提は,感染者数の急減を受けて,学生のみなさんの安心・安全を担保しつつ,少しでも多くキャンパスで学ぶ機会を早く提供したいという強い思いからです。授業についての詳細は別途通知いたしますが,キャンパス周辺地域における感染者数の減少傾向を見据えながら検討したため,移行までの準備期間が短くなりましたことを,心よりお詫び申し上げます。
 ICT環境を利活用した教育手法においても先進的な取組みを行っているところではありますが,私たちの教育の中心にある「ものづくり」「ことづくり」の涵養は,対面での授業やコミュニケーションによってさらに加速させることができると確信しております。
 教職員一丸となって授業実施体制を整えていますので,「日本大学健康観察システム」への入力や各種感染対策をこれまで以上に徹底いただきながら,名実ともに充実したキャンパスライフを送っていただければと思います。
 なお,引き続き通学によらないオンライン授業を選択することも可能です。CSTポータルで周知しているフォーマットに入力し,届け出てください。また,通学を前提としていても,体調が悪い場合は無理をしないでいただき,みなさん自身と仲間そして社会を守っていきましょう。

令和3年9月30日
日本大学理工学部長
青木 義男

<日本大学理工学部長からのメッセージ>「緊急事態宣言の解除」を受けて