日本大学理工学部
新型コロナウイルス感染症に係る本学部の対応について
  1. HOME
  2. ニュース
  3. 記事詳細

ニュース

2021年10月03日

受賞

物質応用化学専攻博士前期課程2年の早川祐太郎さんが、「第72回コロイドおよび界面化学討論」においてポスター賞を受賞しました。

物質応用科学専攻博士前期課程2年の早川祐太郎さん(超分子化学研究室・須川グループ 指導教員:須川晃資 教授)が、9月15日~17日にオンラインで開催された第72回コロイドおよび界面化学討論会にて、ポスター賞を受賞しました。
この賞は、上記討論会での144件のポスター発表の中から選出された14件の発表に贈られたものです。

■発表題目:「金属ナノ粒子−りん光性ポルフィリン分子 強結合反応による発光特性制御」
強い光共鳴を誘起するプリズム型銀ナノ粒子と、高い項間交差収率ゆえにりん光性を示すポルフィリン分子間の強い相互作用(強結合)を実現しました。さらに、それによって微弱な蛍光が増強すると共に、そのエネルギー準位を精密に制御することに成功しました。次世代発光素子、アップコンバージョン、次世代診断技術への応用が期待される成果です。

おめでとうございます。

物質応用化学専攻博士前期課程2年の早川祐太郎さんが、「第72回コロイドおよび界面化学討論」においてポスター賞を受賞しました。