日本大学理工学部
新型コロナウイルス感染症に係る本学部の対応について
  1. HOME
  2. ニュース
  3. 記事詳細

ニュース

2021年11月23日

受賞

電気工学科 の山口達也助手が、電気学会において「優秀論文発表賞(A部門賞)」を受賞しました。

2021年9月1日にオンライン開催で行われた電気学会A部門大会の表彰式にて、山口達也助手が「優秀論文発表賞(A部門賞)」を受賞しました。受賞の対象の論文は、電気学会光応用・視覚研究会で発表された以下の論文です。

■論文名: Consideration of Reflection Wavelength Measurement of Fiber Bragg Gratings by Wavelength-Swept Laser with Buffer Stage
バッファステージを⽤いた波⻑掃引レーザによるファイバブラッググレーティングの反射波⻑測定の検討(日本語)

本研究では、光ファイバセンサであるファイバブラッググレーティング(FBG)を用い、耐環境性に優れた広帯域振動計測システムを開発することを目的としております。本論文では、FBGの反射波長の測定レートの高速化を図るために、バッファステージを用いた波長掃引レーザを構築しました。このレーザを計測システムに組み込むことで、従来を上回る202.8kHzの測定レートが実証されています。
受賞おめでとうございます。

電気工学科 の山口達也助手が、電気学会において「優秀論文発表賞(A部門賞)」を受賞しました。