日本大学理工学部 日本大学大学院理工学研究科
新型コロナウイルス感染症に係る本学部の対応について
  1. HOME
  2. ニュース
  3. 記事詳細

ニュース

2023年03月25日

お知らせ

卒業・修了される皆様へ 青木理工学部長祝辞

卒業・修了される皆様へ 青木理工学部長祝辞

AI-Readyな社会を生き抜く皆さんへ

 大学院理工学研究科,理工学部,短期大学部(船橋校舎)の課程を修了・卒業される皆さん,おめでとうございます。また,ご子息ご息女がこの良き日を迎えられました保護者の皆様に心よりお祝いを申し上げます。

 2022年度はようやく前期から原則対面授業となり,段階的にコロナ禍以前の学生生活に戻りつつありますが,皆さんにとっての大学生活は理想のキャンパスライフとは遠いものであったと思います。それにもかかわらず,皆さんなりに努力と工夫を重ねながら,学びと探求を継続し,修了・卒業まで頑張り続けてくれました。

 情報通信技術の発展により,個別の専門知識やその解説もサイバー空間に存在する現在,次世代を担う皆さんにとって必要なのは,それらの知識を繋げ,SDGsのような国際的課題や社会のニーズに応えるアイデアやデザインを創出し,社会や地域で具現化できる力です。理工学部の現在の教学コンセプトであるCST×DREAMの中でもDesign(デザイン)とRealization(具現化)は実践的教育を通じて培われるものであり,今後の社会で皆さんの大きな力になると考えています。コロナ禍でのオンライン授業や学会発表などDXの新たな可能性に関する経験を通じて,学生個々がサイバー空間での数値実験や概念デザインを自由に実践できるスキルも少なからず身についたと思います。理工学部は両キャンパスに国内最大級の研究施設設備が充実していますので,サイバー空間で創造されたプロトタイプの妥当性検証など,デジタルツイン拠点形成も可能な位置づけにあると考えています。

 来るべき持続可能な社会では,多面的観点からのアイデア創出につながる「総合知の深化」と現実空間とサイバー空間を合理的に活用する「デジタルツイン」がキーテクノロジーになるのではないでしょうか。その担い手としての素養を備えた理工学部の卒業生たちが「知の翼」を大きく広げ社会で活躍されることを心より祈念しております。


  日本大学理工学部長
日本大学大学院理工学研究科長

青木 義男