日本大学理工学部
  1. HOME
  2. ニュース
  3. 記事詳細

ニュース

2018年10月14日

教育・研究お知らせ

【100周年記念ロゴによる工作】編み込みによる菱形30面体の作り方

2020年に日本大学理工学部は創設100周年を迎えます。
これを記念してロゴマークを制定しました。この記念ロゴマークのデザインは東京2020オリンピック・パラリンピックのエンブレムのデザインを手がけた野老朝雄さんによるもので、菱形30面体とよばれる立体の2次元投影図が基となっています。
菱形30面体を構成する菱形は、対角線の長さの比が黄金比になっています。
複雑に見えますが、根気よく編み込んでいけば完成します。動画でも作り方をわかりやすく解説していますので、参考にしながら台紙を使って是非挑戦してみてください。

※無地の台紙に好きな模様を描いたり、写真をのせたりしてつくるとオリジナルの菱形30面体ができます。

製作・企画
日本大学理工学部 物理学科 教授 高野良紀
出演
日本大学理工学部 物理学科 4年 戸塚汐美
撮影
日本大学理工学部 建築学科 教授 宇於崎勝也
日本大学理工学部 一般教育 教授 伴周一
編集
日本大学理工学部 一般教育 教授 伴周一
【100周年記念ロゴによる工作】編み込みによる菱形30面体の作り方

編み込みによる菱形30面体完成版

【100周年記念ロゴによる工作】編み込みによる菱形30面体の作り方

創設100周年記念ロゴ