未来のコンピュータ科学を支える
情報科学専攻


専攻の特色

基礎理論から応用まで広い分野カバー
本専攻は理工学部の4学科を礎として1992年4月に開設しました。応用情報工学科との連携を強め、情報処理・ネットワーク・組込みシステムを中心に幅広く情報分野をカバーしています。
多彩な講義
パターン認識、人工知能、情報論などの理論から、専門領域、応用領域にわたる講義を用意し、学生の意欲と社会的負託に応えています。
活発でグローバルな研究活動
外部との共同研究も行い、切磋琢磨し多くの成果を上げています。成果発表には国際シンポジウムも含まれ、研究活動を通じ高度技術者・研究者としての実力を育んでいます。


専攻イメージ

教育研究上の目的

前期課程 数理科学、計算機技術を駆使し、次世代の情報科学及び広範な工学分野の発展のために、独創的な研究、開発、高度な専門業務を遂行する能力を備えた研究者・技術者を養成する。
後期課程 豊かな学識をもって、次世代の情報科学及び広範な工学分野の発展を担う、独創性と創造力に秀でた研究者、高度技術者を養成する。
お問い合わせ先
TEL047-469-5143
FAX047-469-5657
E-mail office@cs.cst.nihon-u.ac.jp

PAGE TOP