日本大学理工学部

Step2

超高速ハードディスクをつくる

電子工学科

現在、世界の多くの情報は、ハードディスク・ドライブと呼ばれる情報蓄積装置に保存されております。これは、堅い円盤(ハードディスク)上に無数に作られたナノサイズの高性能磁石の向きが盤面に対し上向き(1状態)か下向き(0状態)かによりデジタル情報として記憶されております。この磁石の向きを変えることが情報を“記録”する事に相当しますが、現行技術の方法では、これ以上の高速化が原理的に困難な状況まで来ております。

本講義で紹介する研究では、全く異なる“光”を用いた従来にない新原理により記録速度を数万倍に高める方法を研究しております。その中心となる原理は、超短単一パルス光照射のみによる「光誘起完全磁化反転現象」で、2006年に国際共同研究により発見しました。従来電磁石による磁場で磁石の向きを変えていたのに対し、極短時間光を照射するのみで“磁気記録”が可能となります。このような超短時間領域(フェムト秒:10-15秒)での光-物質間作用に関する実験的知見、原理、ともに未踏領域であり、理学・工学の融合研究が求められ、様々な国内外研究者・機関との連携研究も推進しています。全く新しい原理に基づく「超高速ハードディスクをつくる」アイデアを紹介いたします。

塚本 新
塚本 新
申し込む
HDD(ハードディスクドライブ)HDD(ハードディスクドライブ)超短パルスレーザー利用超高速光誘起磁化反転装置超短パルスレーザー利用超高速光誘起磁化反転装置

電子工学科

電子回路で脳を創る 高性能VLSIを設計する
低ノイズ電子回路をつくる 1兆分の1秒のモノサシで電子の世界を観察する
小型高性能光源と応用計測システムを探求する コピー機の文字のにじみ防止用の静電気センサーをつくる
ナノ領域の情報を得る超微細センサーをつくる 地雷探査用匂いセンサーをつくる
ニューラルネットワークで四足歩行ロボットを制御する ヒューマノイドロボットを創る
超高速ハードディスクをつくる 超大容量ハードディスク、未来の磁気記録方式を確立する
目に見えない光でナノ領域を見る 省エネ・省電力の決め手:究極のナノ構造電子デバイスをつくるA
省エネ・省電力の決め手:究極のナノ構造電子デバイスをつくるB 省エネ・省電力の決め手:究極のナノ構造電子デバイスをつくるC
原子・分子をあやつり新しい応用物理分野を創造する 人類の夢・室温超伝導を実現する
紙のように軽くて薄く曲げられるテレビ、コンピュータをつくる 宇宙放射線からコンピューターを守る
ニューロン間の情報処理を解き明かす 高感度MEMS水晶センサの加工シミュレーション
新素材を設計し物理特性をシミュレーションする 超短時間での原子/電子の振舞をシミュレーションする
次世代携帯端末の評価を行える電波暗箱をつくる 宇宙で電気を作り地球へ送る
コンパクトに収納できる展開アンテナをつくる 高性能アンテナで宇宙から地球環境を見守る
2020年通信網技術を知り、測定・応用技術を創る もっと高速で途切れないスマートフォンをつくる
電波とアンテナ入門 パソコンの仕組み 解き明かします(実演・体験)
10000倍早く10000倍軽い世界の実現  

このページのトップへ