日本大学理工学部

Step2

紙のように軽くて薄く曲げられるテレビ、コンピュータをつくる

電子工学科

有機物・有機分子は、これまでエレクトロニクスを支えてきたSi半導体(無機物)と異なり、有機分子1つで様々な機能を発現します。この機能は、電気を流す金属や半導体・絶縁体、光を吸収するフィルター、発光素子(LED)等、様々です。さらにサイズはナノスケールであり、曲げられる特徴を持っています。よって、紙やプラスチックに回路を作り込めば、手軽に持ち運べるテレビやパソコンが作製可能となります。未来の情報化社会を牽引する次世代の電子機器となります。

我々は、現在、単層カーボンナノチューブ(SWNT) (図1)を究極に小さい極微細トランジスタや超高精細LEDやTVに応用すべく研究を行っています。究極に小さい極微細トランジスタ(図2)は超高速・超低消費電力・超高密度の3つの先進的な特徴を持っています。紙やプラスチックに作り込めば(図2)、もはやパソコンを持ち運んでいることすら忘れていまうでしょう。また、超高精細TV応用として、例えば、コンタクトレンズ型4k-TVも作製できる可能性を秘めています。上記の研究は、日本大学理工学部に設置されている電子線利用研究施設の加速器を利用しているため、本学独自の研究です。そのため、世界初の研究成果も達成しています。

岩田 展幸
岩田 展幸
申し込む
図1:単層カーボンナノチューブは、髪の毛1本に100,000(10万)本並べられるほど非常に小さな直径(約1nm)を持っています。この極微細SWNTを様々な応用に適用します図1:単層カーボンナノチューブは、髪の毛1本に100,000(10万)本並べられるほど非常に小さな直径(約1nm)を持っています。この極微細SWNTを様々な応用に適用します図2:ナノレベルのパソコン用素子 (究極のトランジスタ)および超高精細TV用素子図2:ナノレベルのパソコン用素子 (究極のトランジスタ)および超高精細TV用素子

電子工学科

電子回路で脳を創る 高性能VLSIを設計する
低ノイズ電子回路をつくる 1兆分の1秒のモノサシで電子の世界を観察する
小型高性能光源と応用計測システムを探求する コピー機の文字のにじみ防止用の静電気センサーをつくる
ナノ領域の情報を得る超微細センサーをつくる 地雷探査用匂いセンサーをつくる
ニューラルネットワークで四足歩行ロボットを制御する ヒューマノイドロボットを創る
超高速ハードディスクをつくる 超大容量ハードディスク、未来の磁気記録方式を確立する
目に見えない光でナノ領域を見る 省エネ・省電力の決め手:究極のナノ構造電子デバイスをつくるA
省エネ・省電力の決め手:究極のナノ構造電子デバイスをつくるB 省エネ・省電力の決め手:究極のナノ構造電子デバイスをつくるC
原子・分子をあやつり新しい応用物理分野を創造する 人類の夢・室温超伝導を実現する
紙のように軽くて薄く曲げられるテレビ、コンピュータをつくる 宇宙放射線からコンピューターを守る
ニューロン間の情報処理を解き明かす 高感度MEMS水晶センサの加工シミュレーション
新素材を設計し物理特性をシミュレーションする 超短時間での原子/電子の振舞をシミュレーションする
次世代携帯端末の評価を行える電波暗箱をつくる 宇宙で電気を作り地球へ送る
コンパクトに収納できる展開アンテナをつくる 高性能アンテナで宇宙から地球環境を見守る
2020年通信網技術を知り、測定・応用技術を創る もっと高速で途切れないスマートフォンをつくる
電波とアンテナ入門 パソコンの仕組み 解き明かします(実演・体験)
10000倍早く10000倍軽い世界の実現  

このページのトップへ