日本大学理工学部
  1. HOME
  2. 学部情報
  3. 理工学部長からのメッセージ

理工学部長からのメッセージ

CST×DREAMが実現する「ものづくり」、そして「ことづくり」

日本大学理工学部長 教授 博士(工学) 岡田 章

日本大学理工学部長
教授 博士(工学)

岡田 章

2020年(平成32年)、二度目の「東京オリンピック」が開催されるこの年、日本大学理工学部は創設100周年を迎えます。本学部の卒業生はすでに23万人を超えており、産官学のさまざまな分野で社会に貢献していることは、私たちにとって大きな誇りです。
ここであらためて先達の築いた礎を讃えながらも、めまぐるしく変動する社会の要請にいっそう応えていきたい――この想いを【伝統の再創造】として掲げ、新しい世紀の幕開けに向けて、私たちは歩を進めています。

都市型キャンパスと郊外型キャンパス

2018年6月、「駿河台キャンパス構想」の最初のプロジェクトにある南棟(仮称)が駿河台に完成します。御茶ノ水駅の聖橋口から歩を進めると、ニコライ堂に寄り添うようにそびえ立つ新校舎の姿を眺めることができます。校舎の外観からは、都心にありながらも潤いとゆとりある学習環境を提供し、新しい時代の理工系の教育・研究拠点を構築しようとする意図を感じていただけるはずです。
もう一つのキャンパス、船橋キャンパスにも大きな特色があります。東京ドーム6個分の広大な敷地に、長さ600mを超える交通総合試験路をはじめ、さまざまな最先端の大型研究施設を擁しています。こうした環境を十分に活かした教育力や研究力は、わが国でも類をみないと自負するところです。

実務・実践を強く意識した教育プログラム

理工学部の教育プログラムは、科学、技術を力とした「実務者の養成」を目標として掲げた本学部創設者 佐野利器先生のコンセプトを原点としています。前身となる日本大学高等工学校の設立以来、私たちは国内外の第一線で活躍する「ものづくり」の担い手を一貫して育成して参りました。「エンジニアリングの日大」と評していただくこともしばしばですが、これはまさに、創設から一世紀にわたって連綿と続く教育プログラムの成果です。

「こと」を創り出す本質的な「ものづくり」

高度経済成長の過程で、わが国は大量消費・大量廃棄につながる大量生産を行ってきました。そして、そうしたことへの反省、あるいは人智を超えて過度に進歩する科学技術への不信からでしょう、昨今は人々の体験に重きを置いた「ことづくり」ということばを多く耳にするようになりました。
私たち理工学部が考える「もの」は、経済活動の中で単に生産・消費される物体ではありません。「こと」を創出し、「こと」の円滑な進捗をサポートするのが「もの」の本質であると考えます。そして、「もの」を正しく創造できる「ひと」を育てることこそ、理工学部の教育の使命なのです。

8つの要素が有機的に連携したCST-DREAM教育

アメリカではオバマ前大統領が、科学技術及び経済分野での国際競争力を維持、発展させるための人材を育成するべくSTEAM教育を国の施策として掲げました。STEAMとは、Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Arts(芸術)、Mathematics(数学)のことです。
私たちはそこからさらに一歩進んで、この五つの要素の連関によって形成された知見をベースに、Design(デザイン)を通して「もの」をRealization(具現化)する力を涵養するCollege(学部)として「CST×DREAM」教育を実践していきます。(CST=College of Science and Technology=理工学部)
単なるものづくりではなく、ものづくりを通じて世のため、人のためになる新しい文化を拓いていく「ことづくり」にチャレンジする。デザインとしたものは机上の空論で終わらせずに、確実に具現化する。
そんなことを可能にする「ひとづくり」を行い、未来に翔るユメをリアルにする新世紀の教育・研究を推進していきます。

人力飛行機、人工衛星、マイクロロボット、宇宙エレベータ、学生による設計コンペ、未来博士工房、スマートシティ――これらはほんの一例ですが、理工学部の一貫した教育の成果です。学生・教員の活躍は、これまでも多くのメディアに取り上げられています。まさに、CST×DREAMだから培うことのできた創造力、実践力、デザインカの成果です。

私たちのキャンパスに是非おいでください。一世紀にわたる伝統と時代への即応力を兼ね備えた教育の成果を、ご自身の眼で確かめていただきたいと思います。

略歴

1954年
徳島県出身
1977年
日本大学理工学部卒業
1979年
日本大学大学院理工学研究科博士前期課程建築学専攻修了
1982年
日本大学大学院理工学研究科博士後期課程建築学専攻単位取得退学
2004年
日本大学助教授
2007年
日本大学教授