日本大学理工学部
  1. HOME
  2. 学生生活情報
  3. CSTギャラリー(駿河台校舎)

CSTギャラリー(駿河台校舎)

ガラス張りの駿河台1号館。道路に面した3階から5階にはCSTギャラリーが設置されています。
どうしてこんなに目立つところにギャラリーがあるのか知っていますか?

理工学部の顔と呼ぶべき1号館は、駿河台の街に直接向き合うように建っていて、大勢の人たちが前を通り過ぎてゆきます。
理工学部といっても、それぞれの学科がどのような活動を行っているのか大抵の人たちは知らないでしょう。
そこで、学外の人たちに、理工学部がどのような活動を行っているのか、また、学内の人たちに、各学科がどのような活動を行っているのか、それらを知ってもらうためのショーウインドーとなるガラス張りのギャラリーがつくられたのです。道路から教室が見えれば、そこが大学であることはわかるかもしれませんが、都心に建つ校舎の特長を最大限に活かして、大学の活動を紹介する場所を、大げさに言えば社会に面してつくることで、理工学部をもっと深く理解してもらうことを目指しました。

ですから、ここは皆さんも自由に参加することのできる場所です。
自分の所属する学科や研究室がどのような活動を行っているのか、自由にプレゼンテーションする場所として利用できるのです。自分たちのサークル活動を紹介してもよいでしょう。ギャラリーは3階に1つ、4階に2つ、5階に3つ、合わせて5カ所あり、色が塗られた扉を持つボックスに展示パネルや机、椅子が収納されています。もちろん、展示に合わせて移動可能な照明も用意されていて、本格的な展示が行えます。使用の申し込みは庶務課まで。
多くの皆さんが参加し、魅力溢れる情報をCST ギャラリーというショーウインドーから常に発信し続けることで、社会に向けた理工学部の顔がようやく完成します。

皆さんからの情報発信をお待ちしています!

注意事項

テープやのり付けなどの跡が残るものの使用や、建物自体に傷が付く恐れがあることはやめてください。
必ずガビョウを使ってパネルに展示を行ってください。