日本大学理工学部
  1. HOME
  2. 研究情報
  3. 日本大学理工学部科学技術史料センター(CSTミュージアム)

日本大学理工学部科学技術史料センター(CSTミュージアム)

2004年に開設した日本大学理工学部科学技術史料センター(CST MUSEUM)は、理工学部内外に所在する本学部関係者がかかわる史資料の収集、保管、展示ならびに調査・研究を行い、併せて教職員、学生および一般の利用に供することを目的としています。CST MUSEUMでは、文献・史料だけでなく、模型や実物などの「もの」も収集・展示しており、今後、社会が多様化・高度化するにつれて要請される多面的な要求に応えるため、卒業生や一般社会人、法人会員の調査研究の場として提供します。

科学技術史料センター(CST MUSEUM)へ

CST MUSEUM これまでの特別展・企画コーナー

  • 八十島義之助文庫・新谷洋二文庫(2005年6月18日~9月30日)
  • 理工学部、85年の大学史・小嶋勝衛総長の「歩み」展 (2005年11月6日~2006年8月4日)
  • 木村秀政展「木村秀政 ヒコーキ人生」 (2006年10月2日~2007年7月29日)
  • 日大理工のちからⅠ 空間と構造の交差点―空間構造デザイン研究室によるArchi-Neering Design 1967-2007(2007年11月26日~2008年6月30日 )
  • 日大理工のちからⅡ 長江啓泰展 日本における二輪車の発展と交通安全教育の変遷 (2008年8月2日~2009年4月15日 )
  • 日大理工のちからⅢ 新谷洋二展 城を愛し過去と未来を融合した都市計画家 (2009年6月1日~2010年5月30日 )
  • 日本大学理工学部90年のあゆみ展 (2010年7月26日~2011年6月30日)
  • 日大理工のちからⅣ 谷藤正三展 交通技術の発展に夢をかけた技術官僚と交通工学科誕生からの五十年(2011年7月29日~2012年6月30日 )
  • 日大理工のちからⅤ 電気工学科のあゆみ展 過去から未来への継承 (2012年7月23日~2013年6月29日)
  • 日大理工のちからⅥ 精密機械工学科 ~未来へ向けて~ (2013.7.22-2014.6.30)
  • 日大理工のちからⅦ 海から繋げていく未来 ~都市空間と海洋環境の融合を目指して~ (2014.7.31~2015.6.30)
  • 日大理工のちからⅧ 理工系短大の65年の実績と歩み(2015.7.30~2016.6.30)
  • 日大理工のちからⅨ 機械工学科 見えない流れに挑む(2016.7.28~2017.6.29)
  • 日大理工のちからⅩ 電子工学科 未来を創造するエレクトロニクスの変遷(2017.7.27~2018年6.28)
問い合わせ先
CST MUSEUM
船橋キャンパス 5号館2階
047-469-6372(受付)